不登校・思春期の引きこもりのお子さんと毎日頑張るお母さんのためのHP「笑顔のたね」雑記です。HPも御覧下さい。


by egaonotane

2009年 12月 29日 ( 1 )

埼玉に来て

c0208099_2359478.jpg

埼玉に来て3日。

こちらに来る時、指定席を予約した新幹線に乗り遅れました(息子がね…)

ひとつ後の自由席で向かい、乗り遅れることにキーッとなっていた自分が馬鹿馬鹿しく思えるほど、なんていうことはなく、また息子に教えられてしまったのでした。

ほんと私ってまだまだ…


昨日の夜、また息子が何か言いた気で、ため息をつき始めました。

最近こういう時が何であるか把握できるようになったもので。

伝え方が下手なんです。

「何かないの?」と切り出され、まるで私も試されているかのよう。

夏に私が訪ねたフリースクールに行ってみるという話しのこと。

そして私を驚かせたのは、「床屋にいきたい」という言葉。

もともと床屋が嫌いな息子。
不登校になってからしばらくは、髪も伸びてロングヘアー。

その姿を見る度に胸がキュントなり、何度も髪を切ってすっきりした息子の夢を見たことか。

どこかに出かけるといえば、私が人の目を気にし、世間体と価値観を変えたい自分自身との間でどれだけ葛藤したかわかりません。

この4年の間に、息子自身もロングヘアーの自分と対峙し、髪を自分で切るようになっていました。


「床屋に行くこと」
身近ではない方にとって、何を大袈裟な!と実感は湧かないことかと思います。
実際には、本当にいつ行くかもわかりません。

でも息子からその言葉が出た、それだけで私にとっては大きな幸せなのです。

今もこうして携帯からチマチマと文字を打ちながら、涙が溢れてきています。

世の中の流れに上手く乗ることができなくても、少しづつ前進している。

ほんの些細な出来事に涙を流せるこの人生に感謝しよう。
by egaonotane | 2009-12-29 23:59