不登校・思春期の引きこもりのお子さんと毎日頑張るお母さんのためのHP「笑顔のたね」雑記です。HPも御覧下さい。


by egaonotane

<   2010年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

自分をうまく許せる人

c0208099_0323157.jpg
父にひどく怒られた記憶といえば2つほど。

ひとつ目は、私がえんぴつを投げつけ父の鼻の横辺りにあたってしまった時。

もうひとつは、千葉のマザー牧場に家族3人で遊びに行った時。

その頃自然などという景色には何の興味もなく、無駄に広い牧場

(その時はそんなふうにしか思えず)の中をひたすら歩くことが我慢できず、

文句ばかりずーっと言っていたら怒られた。


父は普段ほとんど怒ることがなくなめきっていた私。

思春期の頃はかなりひどい言葉を浴びせたし、いい加減で注意力のない父が

側に寄ることなんてありえない。


それなのにいつの頃からか仲良しに。

今は実家に帰ると予定が合う時は2人で出かけています。


人を待つ時も、人に対する思いやりも、細かい神経質なことは言わない、

そんな父のおおらかなところが私には心地よいのです。

なんとなく何だろうと感じていました。


先日笑顔に来てくれた「らぴっとあい」の川口さんのセッション中に、

父のことを尋ねられました。

「いろいろあったけど今は仲がいいんです。おおらかなところが好きで」

と答えました。

「お父さんは自分のことをうまく許せる人ですからね」

(お~納得!)


セッション中に見えてきた私自身の課題は「自分を許すこと」なのだそうです。

だから自分をうまく許せる人を父に選んで生まれてきたみたいです。


父がたとえ自分をうまく許せる人だとしても、「信じられない!」と思うこと

もたくさんありました。

その反面母は常に自分に制限をかけ、自分がしないだけなのに、自分のできない

ことを自由にやってのける父に絶えずイライラして怒りをぶつける人です。


父は自分を上手に許すことができるから、人にも厳しくならない。

母は自分を許すことができないから、人にも厳しい。

川口さんに父のことを言われるまで気づかなかったことです。


私はこの対象的な2人を両親に選んで、自分の鏡としているのだと思いました。

この人生で自分の課題をクリアするには、とても必要な2人なのです。


私も母とかなり同じ。

でも母との違いは、父とは夫婦ではないこと。

だから自分を許し人も許すことができる父のおおらかさが、私には素直に

心地良かったのではないかな。




では息子は私から良い悪いもひっくるめて何を学んでいるのだろう???

そんなことを思った今日でした。
by egaonotane | 2010-02-28 00:37 | つぶやき
3月講座のお知らせです♪


体も心も不安定になりがちな春におすすめの香りを体験していただきながら、
どなたでも手軽に使えるルームスプレー作りを行います。

(※毎月ではなく、単発で参加していただけますので、お気軽に)

-----------------------------
【春のルームスプレー作り講座】
  
★日時:2010年3月18日(木) PM1:00~2:00
★会場:総合福祉会館 504講座室
(新潟市中央区八千代1丁目3-1)
万代シティバスセンターより徒歩約5分 
駐車場有(ただし限りがあります)                                    
★参加費:1000円
★定員:10名 (定員になり次第締め切らせていただきます)
         
★講座内容: アロマテラピープチ講座
      「春のおすすめアロマテラピー」
       好みの香りのルームスプレー作り
      (作ったものをお持ち帰りいただきます)
by egaonotane | 2010-02-26 23:45 | イベント情報

終わりました

c0208099_2331672.jpg
さて今月のイベントも昨日で全てが終わり、ひと安心です。

この3日間のイベントに参加してくださった方々、そして私の疲れもふっとんでしまうようなありがたいメールを下さった方々、本当にありがとうございます。


みなさんが参加してくれるお陰で、企画から始まり、知らなかったことも

含めてたくさんの経験をさせて頂きました。

ひとつひとつが全て勉強になりました。

至らぬ点は多々あったとは思いますが、次へ活かすことで、またみなさんに

お返しさせて頂ければと思います。



こちらでも告知しました、「第1回アロマテラピー講座」も無事終わりました。

アロマでのイメージとは少し違うかもしれませんが、和室での講座でした。

5名の方の参加があり、香りと和室の和やかな雰囲気に加え、先生の人柄の溢れた

穏やかな時間でした。


みなさんにはハンドマッサージを体験して頂きました。

日々の生活に追われていたり、内面に苦しいものを抱えている時に、

自分の手や身体を気にかけ優しく触れてあげることは、なかなかありません。

まして自分自身が疲れ余裕がなければ、家族にも優しくなんてできません。


アロマ講座の前日2日間のイベントが終わり家に帰ると、夜8時もまわり

朝からなので家のこともかなり疎かになります。

夫も忙しい時期なので余裕がなく、そんな夫の夕食に対する何気ない一言に

逆切れする始末(笑)

自分に対し無意識にジャッジしていますから、そこを指摘されると異常に

反応してしまうわけです。

たった2日間でこれですからね。


家事をすることも、子育てをすることも、外で働くことも、どれも比べること

なんてできない大変なことです。

それぞれが自分を批判する前に、まず自分に優しくしてあげることができたら。

自分を常に批判ばかりしていると、その自分への怒りは他の人に向けてしまいます。


今月から始めたアロマ講座にみなさんが参加している時間だけでも、

自分に優しくなれる時間であってくれたらいいなと思っています。


次回は3月18日にあります。

次でお知らせします。
by egaonotane | 2010-02-26 23:38 | 日々の出来事

ありがたい問い合わせ

c0208099_003896.jpg今日は3月12日の「親と子の癒しのセミナー」のチラシを見て、学校の先生という男性の方からの問い合わせがありました。

セミナーは平日なので参加の申し込みではありません。

チラシにある私のプロフにアロマアドバイザーとか、

セラピストと書いてあるのを目にし、どういった内容で、

金額やどこで受けることができるものなのか?ということでした。

どういったことかと言いますと、先生として子ども達のために学ぶべきことは、

子ども達をなんとかしよう、どうするかではなく、まず自分自身の心に寄り

添うことが大事というセミナーのチラシの内容に同感されたようです。

そういうものが一番必要なのではと感じられていたそうです。


学校に子どもを預けてきた親として、先生という方がそういったことを感じて

くれたということが、私はとてもうれしかったです。


チラシを置かせて頂いている施設にはひきこもり支援をしているNPO、

全国的規模の親の会のチラシも目にします。

そんな時「自分の心に寄り添い、まずは自分の毎日を楽しもう」なんていうような

私のやっていることなんて、そんな方達からみれば「ケッ」みたいな感じに

とらえられているんだろうな~なんて、被害妄想ですが弱気になることが

よくあります(笑)

問い合わせをしてくれた方も、NPOなどの活動ももちろん必要なことですが、

真美先生のセミナー内容のようなことがご自分には大切のような気がすると

言われてました。



「笑顔のたね」では専門的な先生のアドバイスもありません。

子ども達に特別な支援活動をしているわけでもありません。


ただ自分が重要性を感じた「自分が楽しむこと」というのを伝えることができたら…

そんなおもいだけです。


なかなか実際には伝わりにくいことでもあります。

でも今日のお問い合わせは私にとってとてもありがたいものでした。

自信をもって伝えていこうと決心できたから。


また「チラシ」というものの意味についても考えることができました。

何か企画を考えてチラシを作りどこかに置かせてもらいます。

そこでどれだけの人が集まるかではないのだということ。

今回の方のようにたとえ当日参加はできなくても、何かのきっかけになることも

有りうるのです。

知らない誰かの気持ちや行動に働きかける可能性だってあるということです。

また前を向いて歩いていけそうです♪

明日から(もう今日か)2日間こちらでは告知していないワークショップ等があります。

2日間帰りも遅くなりますので雑記はお休みします。




あっ木曜には第一回アロマ講座があります。

まだ申し込み大丈夫ですのでアロマを体験してみたい方お待ちしています。


第1回アロマテラピー講座のお知らせ
【体験アロマハンドマッサージ講座】

 ストレス社会の今、植物の香りを使ってリラックスしたり、暮らしに役立てたりできるアロマテラピーに注目が集まっています。このたび、「ありがとうのたね」では、講師の先生をお招きしてアロマテラピー講座を開催する運びとなりました。
第1回は、香りを使って心に働きかけながらスキンシップがとれるアロマブレンドオイルを使ったハンドマッサージ講座を実施します。
子育てや介護に疲れを感じる方、仕事のストレスを何とかしたい方、家族とスキンシップを取りたい方、どんな方でもやさしくできるハンドマッサージを体験してみませんか?

 
★日時:2010年2月25日(木) PM1:00~2:30
★会場:総合福祉会館(新潟市中央区八千代1丁目3-1)
    技能室3
万代シティバスセンターより徒歩約5分                                     
★参加費:1000円
★持ち物:タオル1枚お持ちください。
★定員:10名(定員になり次第締め切らせていただきます)
         
★講座内容:  手と手を結ぶハンドマッサージの意味
        アロマテラピープチ講座
   「リラックスできる香り選び」
        好みの香りのブレンドオイル作り
(作ったものをお持ち帰りいただきます)
ハンドマッサージ実習

ハーブティー付きです♪

講師プロフィール
川上 裕子(かわかみゆうこ)
化粧品会社で美容インストラクターとして勤務後、アロマテラピーと出会う。2003年アロマ・インストラクター資格取得後、新潟市内アロマスクールや専門学校にて各種講座を担当。2007年自宅にてナード・アロマテラピー協会認定校amica(アミーカ)をスタート。「わかりやすい言葉で伝える」を信条に初心者向講座から資格取得コースまで、いろいろな講座を開いています。 http://amica-aroma.com/
by egaonotane | 2010-02-23 00:09 | 心が動いたこと

笑顔のたねまき9

c0208099_2213882.jpg
昨日の「笑顔のたね」に参加してくれたみなさん、寒い中ありがとうございました。

昨日はお楽しみイベントとして、セラピールーム「らびっとあい」の川口さんのセッション体験をして頂きました。

もしかしたらこういったものを怪しい宗教?みたいに勘違いされる方

もいるかもしれないし、相談センターにもチラシを置かせて頂いて

いるので、誤解されても困るな…と川口さんにお願いする前には

さんざん迷いました。

私の中ではちょっとしたかけでもありました(笑)


でもでも昨日は本当に川口さんにお願いしてよかった!!

みなさん本当に受けることができてよかったと言ってくれました。

ただひとつだけ、セッションというものを受けても、

これからを変えていけるのは自分自身だと思います。

その辺だけは頭の片隅にでも置いておいてもらえるとありがたいです。



私の場合、もう数年前に他の方ですがセッションというものを受けたことが

きっかけで、お陰さまで息子のことも辛いことも乗り越えることができた

とも言えるのです。

だから笑顔の中でもいつかそういう場を提供できたらいいな~と思っていました。



私も笑顔の時間外で通常のメニューで受けさせてもらいました。

私自身のことから少しだけ。


私は深い本心を我慢して言ってないのです。

夫にも、息子にも。

辛いよ

泣きたいよ

私だって甘えたい

きっともっとたくさん。


昨日の笑顔の中で話しにもでましたが、こういう状態の子どもには

腫れ物に触るように親も我慢して言いたいことも言えないという場面

がよくあります。

下手なことを言って益々傷けたら…そんな感じです。


夫に対しても状況は違えど、ぶつかることが面倒で自分の気持ちを正直にぶつけない。



たとえ汚い言葉の応酬になったとしても、時には家族がぶつかり合うことも

必要なこと。

きれいな色ばかり見せているだけでは、相手の成長を妨げる。

それが本当の愛情かということです。

自分もしかり。

家族は強靭な自分自身の鏡です。

本当の気持ちを正直に伝えることの大切さを、今まで学んできたこととは

違う視点で、今回のセッションで気付かせて頂きました。



あと先ほどのことととも通じるところがありますが、

私はどうも人にお願いしたり手伝ってもらうことができないのです。

頼んだら迷惑だろう、悪いななんて思って、自分でできると思うことは

全て自分で片付けるのです。

深いところの悩みがあったとしても、解決できるのは自分だけという

偏った信念がありまして、ず~っと昔から自分自身で全て解決してきました。


お願いされたり、頼られるということは、相手にとっても「喜び」なんだ

ということに昨日のセッションまで気付きませんでした。

考えてみれば私が逆の立場だったらきっと嬉しい。


なぜこんなシンプルなことに気付かなかったんでしょうねぇ。



これらのことはほんの一部ですが、もしかしたら同じ立場の方が

いるかもしれないので、参考までに♪



今回参加してくれた方達全員からの要望もあり、また川口さんにお願いしたいと思います。

ブログに「進んでいける」という題で昨日のことを書いてくれた方、ひと皮むけた♪

とメールをくれた方…

私も心から嬉しいのです(自分がみんなのセッションしたわけじゃないのにね 笑)

みなさんの笑顔が私自身を幸せな気分にしてくれます。


川口さんも笑顔のみなさんも、本当にありがとう^^

素敵な一日をありがとう^^
by egaonotane | 2010-02-20 22:10 | 笑顔のたねまき

であい

c0208099_23545913.jpg
今日は相談センターの日でした。

いつものように先生と話しをしていると、見えてくることや気付きがあります。

来月の予約をしようとしていると、先生から来月限りで退職することになりそうだと告げられました。

先生にお世話になって4年になります。

息子が不登校になり始めの頃、月2回のカウンセリングをお願いしてました。

始めの頃はいつも泣きながら話を聞いてもらっていました。

息子も一時通っていたこともあります。

少しづつ私自身が落ち着いた頃から月いちのペースになりました。

いろんなことを聴いてもらって支えて頂きました。

あの頃からもう4年。

先生もそんなお歳だったのですね。


いろんな思いが込み上げてきて泣いてしまいました。

先生とのお別れで泣く日がくるとは思いませんでした。

来月25日の相談日で本当に最後になるのかな。

感謝の気持ちでお別れをしてきたいけど…大泣きしそうです。



昔から物悲しい季節ですね。

3月って。



明日は「笑顔のたね」開催日です。

寒さ厳しく雪との予報も出ていますが、心の中だけでも

温かくしていきましょう♪

明日イベントとして来てくれるセラピールームの方は。

私がパソコンを使い始めmixiに入りたての頃、その方の

ページを閲覧して足跡というものをつけ、それが100人目

だったということでコメントを私の方に残してくれたのが

出会いの始まりでした。

その後間もなく偶然にも私の家の近くに用事で来られることがあり、

出会い系のように初対面したのです(笑)

その時一諸だった方達との、その日のランチの仲間に入れてもらいました。

お互いにいつか協力できたらいいなという出会いでした。

その時出会った方達とも今もお付き合いがあります。

現在みなそれぞれ活動をされています。

すごいな~といつも感じながら、そんなみなさんの頑張りに触発されたひとりです。



本当に不思議な出会いでした。


そしていよいよ明日イベントに協力してもらえる日がきました。

出会いというものには、偶然だとか、偶然ではないとか

言い切ってしまうのは何か違うような深いものがあるように

思います。


あの時100人目の足跡を私がつけなければなかったであろう出会いが、

明日の笑顔の一日に繋がっていくというこの不思議。

そんな不思議な出会いの一日に、興味のある方はご参加下さい♪

もちろんセッション体験は希望者のみです。

お隣の部屋で通常の笑顔のたねは進めていきます。




夕方ある方がメールをくれました。

数日前私は息子のことで泣いてましたからね。

その方が最近不安になったり悲しくなったりすると、自分自身で言う好きな言葉だそうです。

ケセラセラ(なるようになる)

ありがとう♪


今心の中で泣いてる人で、この雑記を読んでくれている人がいたら…

その人に繋がりますように。
by egaonotane | 2010-02-18 23:56 | 日々の出来事

タイミング

c0208099_0452764.jpg

今この時間もとても寒いです。

また雪が積もってしまいました。


歩道の雪もだいぶ解け天気予報では夕方雪となっていたので、自転車で出かけるつもりで支度をしていました。

さて出かけよう♪とすると雪がチラチラ舞い始めました。

もしかしたら歩いていかないと大変かもと思い、自転車に乗ることを

断念して歩くことにしました。

あと少し雪が舞い始めるのが遅いタイミングだったら、

雪で大変な思いをして自転車をこいで帰るはめになっていたと思います。



タイミングの面白さ♪

悪いことばかりじゃないね。



昨日は息子とちょっとありまして、息子の泣く姿を見てせつなくて泣けました。

夢の中で笑顔の息子を見ることができると、とても幸せな気分で目が覚める。

いつか本当にそんな日が必ずくると信じてます。

あと少しの辛抱。

この日の月9「コード・ブルー」は夕方の自分の気持ちと重なってしまって

また泣けてしまいました。

親であることも

子であることも

生きることって大変だなぁ。

今はそのタイミング。


でも泣いてばかりはいられないし。


悲しみが深ければ、いつかそのぶん喜びも深く感じることができることに

感謝して、また明日を楽しもう♪
by egaonotane | 2010-02-17 00:43 | つぶやき

批判はしたけれど

c0208099_013237.jpg
さて明日からの2月後半は、こちらでは告知はしていませんが、いろいろなイベントを抱えています。

参加してくださるみなさんに喜んで頂けるよう、心を込めて取り組んでいきたいと思います。

ポカだけはしないよう気を引き締めていきます!!(それが一番心配)

そんなわけでこちらの雑記もお休みの日が多くなるかも知れませんが、

よろしくお願いします♪




特に夫に対してですが、口うるさい自分を自覚してました。

ファンヒーターをつけているので、リビングと廊下の仕切り戸などを

開けっぱなしにされると、ぐんと温度が下がり寒くなるのです。

「また開けっぱなし~~~~その都度閉めて!」

また「パジャマをこんなところに置かないで~~~~!」

などなどやかましいのです。


何度注意しても繰り返す態度にイライラして、その時は言ってしまう

ことですっきりはします。

その後がやっかいなのです。

なぜだかわかります!?

自分も戸の開けっぱなし、電気のつけっぱなし、パジャマの脱っぱなしが

できなくなってしまうからです(笑)

「批判はしたけど 自分はできるだろうか」なんて、あのみつをさんも

言っておりますね。


この言葉はなかなか深いので、気をつけようと常に意識はしているつもり

ですが、ふとした時に同じことを繰り返してしまいます。


そんなことを雑記に書こうと思っていた矢先、今日受けてきた講座の先生も

言われてました。(なんてタイムリーな)


「人の中に見える否定的要素は自分の中にあるものであり、人のせいに

できることは何ひとつない。例外はない」とね。


人を否定・批判をしたくなければ、まず自分を否定・批判しなことなのです。

私は夫のだらしないと思う行動の中に自分を見ているわけです。


あ~ちゃんと片付けしなきゃ!

だらしない自分!

嫌だ嫌だ!


だからそれを目の前でなんなくやってのける相手を許せなくなる。

相手に注意して自分が窮屈な思いをする前に、自分が自分を否定しないよう

片づけでもちゃんとすればいいだけなんですよね~

相手を変えようとする前に♪


今日の写真:わかりますかねぇ?やすらぎ堤の雪の結晶です。
by egaonotane | 2010-02-15 00:16 | 日々の出来事

布絵

c0208099_064016.jpg
「笑顔のたね」が始動する少し前のことになります。

古町の三越でとても温かい言葉が添えられた布絵の作品を目にしました。

布絵作家の山口明子先生のものでした。

偶然目にした作品がとても素敵だったので、店員さんに

HPなどの情報を聞いて早速連絡をしました。

知らぬが仏。

冷や汗ものでしたよ~

その温かい作品のファンの方が全国にいるような有名な先生でした。

何も存知上げず、「笑顔のたね」のイベントとして布絵教室を開催

して頂けないかをお伺いしたのです。

ありがたいことに、忙しい時期を過ぎた頃、協力してくださると

お返事を頂いていました。


数日前、覚えていてくださってメールを頂きました。

4月以降予定が合えば布絵教室を開催してくださるそうです。

私もさすがにお忙しい先生だということを認識してしまったら、

図々しくコンタクトをとるなどできませんでした。

ご縁があればいつかそういう時期もくるかもしれないと思っていました。

本当にありがたい気持ちでいっぱいです。


具体的なことはこれからですが、暖かくなった4月以降「笑顔のたね」

のイベントとして開催させて頂こうと思います。

お花も咲き、暖かないい季節になりますね。

笑顔のたねだけで先生をお借りしては申し訳ないことですし、最大25名くらい

まで参加可能だということなので、少し募集もしたいと思います。

いつになるかはまだわかりません。

詳細が決まりましたら告知しますので、興味のある方はぜひご参加下さい♪

春よこいこい♪

「布絵作家 山口明子」で検索してみてください。

(やり方が何か違うようで、すぐこの場で見れるような先生のHPのURLを載せられませ~ん)
by egaonotane | 2010-02-13 00:11 | イベント情報
c0208099_0455237.jpg
閉店する有楽町西武がヤマダ電機になるとかならないとか。

今朝途中からその話題のTVを見たので真相はわからないのですが。


池袋の三越もヤマダ電機になりました。

ビックカメラにヤマダ電機。

今は「池袋価格」というものがあるんだそうです。

あの秋葉原でも「池袋価格でお願いしますよ~」と店員さんとの

やり取りが交わされているんだとか。

土日の午後は電気街と化した池袋に、ものすごい人が集まるので、

今までのように出ていけなくなったと、年末に実家に帰った時に

友達から聞きました。


その友達の中の一人のお母さんは病気で車いす生活をしています。

そんな中でも三越に買い物に行き、最後にデパ地下で惣菜などを買う

のが楽しみだったそうです。

ずっと昔からの楽しみだったんです。


私の実家にある雛人形も、もう何十年も昔にこの三越で買ったものだと、

閉店した三越の話しをしていたら母が言っていました。


今の新居に引越た時に敷いていたシルクのラグもこの三越で一目ぼれして、

奮発して買ったものなのです。

(くろちゃんのトイレシートと化し使い物にならなくなりました 泣)

正直いえば三越さんをあまり利用はしていた方ではありません。

でも当たり前のように昔からあったものが消えて、新しいものに変化

していく様はもの悲しい。

デパートなどが閉店後、量販店に変わるというのが増えているようです。



有楽町は秋葉原にも近いので安いものを求めて、そちらからのお客さんも

流れてくるでしょうね。


高級嗜好がいいというのではないのです。

電機街が悪いわけではないのです。

今の時代、銀座や池袋の街が活性化していくために必要な流れかも

しれません。

私だって高いものと安いものがあれば、やはり安いものを求めます(笑)


でもね…

銀座で言えば、銀座には銀座の高級感漂う雰囲気がありますよね。

私の中ではそれは美しいものという感覚です。

何年か前になりますが、携帯ストラップのくせに高いぞというものを、

プランタンの中で見ると、キラキラしていてあまりにきれいだったので

思わず買ってしまいました。


私にはそんな程度ですが、

自分の気持ちを幸せにしてくれるものを、自分へのごほうびとか、

奮発して買つちゃったとかいう時のあの高揚感はなんだろう。

家に帰ってからも何度も眺めてました。

買わないとしても、ぶらぶらとおしゃれなお店を見ているだけで気持ちが

ワクワクします。

最近は人ごみが苦手ですぐ疲れちゃうのであまり行きませんけど。


実際の物の価値なんて本当はあってないようなものだと思います。

それを求める人が、つける価値感というものかな。


話しはずれますが、私達の口に入るお肉にしても、安ければいい

というものではないような…安ければ嬉しいけどね。

(ハンバーガーとか、牛丼とかね)

動物の命の犠牲につく値段がこんな値段かよって。


価値感は目には見えません。

それぞれの感じるものだから。

だからこそ本当のこととそうでないこととを、しっかり見極めていかないと。




さきほどから、なんかまとまりなくうまく気持ちが表現できないんですよ~

意味わからないことばかり書き連ねてごめんなさい!!

語弊があるかもしれませんが、いろいろな街が電機街になっていくのは

私はなんだか嫌なのです。

池袋の話しを知った時もビックカメラだけで十分だったのにやめて~と思いました。

まあこれも電化製品が好きな人と、電化製品超苦手の私の価値感の違い

と言ってしまえばそれまでですね(笑)

電化製品好きの人は、きっと素晴らしい高揚感を味わっていることでしょうし。


でもどうせなら私は昔からあるものとか、美しい♪と思えることで、

たとえ少しお金を出してもワクワク幸せな気持ちになりたいなと思うのです。
by egaonotane | 2010-02-11 01:13 | つぶやき