不登校・思春期の引きこもりのお子さんと毎日頑張るお母さんのためのHP「笑顔のたね」雑記です。HPも御覧下さい。


by egaonotane

<   2010年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

おもてなし

c0208099_063319.jpg


最近特にお互いの予定のない土日は、あてもなく夫とドライブに出かけます。

言葉でうまく表現しにくいんだけど、今まで持とうとしないで過ぎてしまった

2人の時間を埋めていくというか、やり直すというか…そんな感じ。

夫はそんなふうには思っていないと思うけど。

息子が小さい頃は3人でよく旅行もしたし、遊びに出かけました。

でも今は子ども中心のあの頃とは違う、穏やかさ。

というより私が子ども第一で、明日は学校なんていう時には、

「早く帰らねば」みたいな「ねば、ねば」人間でした。

景色を楽しもうとか、美味しいものを食べる喜びとか、なんとなく封印してたような。

それはそれで、その頃はそうした状況だったのだから仕方ないことなんだけど。

やっと自分自身で仕掛けた封印を解く時がやってきたのです(笑)


出かけていると息子もいたらな~なんてふと思時もあるけど、今は楽しいよ♪



今日は村杉温泉にふらっと立ち寄り、足湯を体験してきました。

足湯は気持ち良かったけど、何人もの人達と向かい合つてただ座っているのに、

ちょっと絶えられず、私一人、夫を残し5分足らずで出てしまいました(笑)

やはりこういうのは、誰もいないお湯に足をぶらぶらさせ、一人ぼーっとするか、

本でも読むか、音楽でも聴くか、といった感じが私はいいかな。

我がままなやつです。


また和(なごみ)というお店でいちごあんみつを食べてきました。

残念ながら今日は会えませんでしたが、このお店には「おから」という猫が

いるそうです。

近くの(有名な)川上豆腐店の前によくいたので「おから」というネーミング

になったんだとか。

笑えます♪


そのお店は木の香りがして居心地のいい空間でした。

写真はいちごあんみつに添えられていたものです。

こんなおもてなしの心を感じるのも、ミニトリップの醍醐味であったりもするわけです。^^


5月も残すところ今日一日。

早いな~

おかげさまの気持ちで一日を過ごしたいものです。
by egaonotane | 2010-05-31 00:06 | 日々の出来事

忘れないで

c0208099_040309.jpg


写真は、うちのベランダにある一番きれいに咲き誇っていた時の勿忘草。


息子がまだ小さかった頃、夫の両親と同居をしていました。

家の周りにはな~んにもなくて、同世代の友達も居ない。

淋しさと空虚感からか、ベランダで花を育てよう!と思いつき、

チューリップの球根を植え、勿忘草の種を蒔きました。

その後転勤となり、両親がその時の勿忘草を地面に植え替えておいてくれたので、

毎年5月の時期に可愛いブルーの花を咲かせてくれます。

もう14年くらい。

年数を考えるとものすごく生命力の強い植物ですよね。

その勿忘草を少しだけプランターに植え替えたものが、現在うちのベランダに

あるわけです。


トイレにかけてある日めくりの今日のお題がちょうど勿忘草だったもので、

こうしてその話題で書いてます。

ご存知のように、恋人のために川べりに咲いていたこの花を摘もうとして、

川に落ち流されていきながら、「私を忘れないで!」と言ったところから

この名がついたと、日めくりにも解説があります。


私もまだ恋とか恋人なんていう言葉に胸をときめかせていた頃に、

その名の由来を知った時は、なんてロマンチックなの~と感動した

ものでした(笑)


それなのに…


今日、日めくりを見て(それもトイレの)こんな風に思ったわけです。

恋人に花を摘んであげようとした、たったそれだけの行為で川に落ち、

命を落とすはめになるなんて。

この人の人生って何?


そんな時「私を忘れないで」なんて言葉を言いながら流されるなんて

有り得ない~

「助けて~」だろ。




楽しいことも、苦しいことも経験しながら、恋♪ なんて言っていた時代とは

全く違う環境の中で息子を育ててきたこの17年。


この歳月の重みというもの。

私を可愛げのない女に変えてしまったのか?(笑)

それとも…

夢見ることよりも、現実を直視し生き抜く術(図太さ?!)を身につけたのか?(笑)


こんなに人間の価値感は変わるものなのね。

どちらがいいかはわかりませんよ~。

あの頃の…私を忘れないで!と言ってやりたいのは自分自身にでしたね。
by egaonotane | 2010-05-30 00:40 | つぶやき

ひっそりと


☆お天気の悪い今朝のこと。

あきらめ悪く、少しでも洗濯物を干せるかとベランダに出たら、

竿に蜘蛛の糸がはってありました。

蜘蛛は苦手ですが、芸術ですね(笑)これは。

ごめんね~と言いながら取り払ってしまいましたが(笑)素晴らしい

出来栄えに拍手でした。




☆探し物をしていたら引き出しの中に、その存在を忘れていた

四つ折になった手紙がありました。

フィリピンから帰国する時にほんの数ヶ月のお付き合いでしたが、

友達がくれたものでした。

フィリピンでの狭い日本人社会の人間関係に疲れていた時、

私の存在が彼女の支えになっていたんだという内容のありがとうを

伝えてくれる手紙でした。

私も新潟に戻り、当時はパソコンも使うことができなかったし、

書かれていたメールアドレスに気になりつつもメッセージを送る

ことができませんでした。

それからいろんなことがあり過ぎて、すっかり忘れていました。


心をこめて書いてくれたであろうその手紙を何年かぶりに読み返したら、

あの頃のことが蘇ってきて、懐かしくて、ありがたくて涙がでました。

途中から私の住むコンドミに越してきて不便な生活の中、お互い助け合いました。


共同購入している市場からの卵が腐っていて、物凄い悪臭がした~~~と

彼女が騒いでいたことを思い出します。

彼女曰く、「よく卵の腐った臭いなんて例えるけど、実際嗅いだこと

なんてないでしょ!初めて知った!」と笑ってました。


今となっては連絡の取りようがないけど、元気でいることを願ってます。


今朝ふとしたことで見つけた四つ折の小さな手紙は、私の心の中に深く

染みこんでいきました。





☆バスを待つ間、あるアパートの軒下で雨宿りをしようとした瞬間、

私の目に飛び込んできた優しい柔らかなピンク色。

愛らしい色と小さな花の形が可愛くて、バスが間近に迫ってましたが携帯でパチリ。



☆そして今日本屋で見つけた星野富弘さんの新刊の花の詩画集♪

その中にあった一ページ。

「ひっそりと」

 道端の

 花のように

 ひっそりと


 誰かの

 役に立てたらいいな
 
 神様だけが知っているんだ

     (花の詩画集「種蒔きもせず」 星野富弘  より)




今日見つけた蜘蛛の糸も、手紙も、ピンク色の花も、星野さんの花の絵も、

みんなひっそりと存在していて、私の心に話しかけてくれました。


c0208099_029192.jpg

c0208099_0291945.jpg

c0208099_0291936.jpg

by egaonotane | 2010-05-29 00:29 | 心が動いたこと

こころ

c0208099_054629.jpg
心というものを大事にしたいと思う反面、実に面倒なものだと思ってしまうこともあります。

今日もそう。

今日一日を考えてみたって、どれだけコロコロと心模様が変化したかわからない。

誰かの言葉や行動に落ち込んでみたり、ひょんなことでとっても嬉しくなったりね。


辞書を見てみるとわかりますが、「心」というひとつの言葉が、

精神を表す意味であったり、愛情、意志、決心、度量、感性…と

さまざまな意味合いがあります。


そんな多面的な顔を持つ心というものを、自分のものであっても

理想通りにコントロールすることなんてできません。

なんて不便で面倒なんだろう!

自分に嫌気がさす時さえあります。



さきほどドラマを観てました。

恋愛ものですが、その中でちょうど「心は自由だから。縛ることはできないから」と

あのイケメンの方がキラキラの瞳でおっしゃっておりました。


う~んそうか!

自由だから不便で面倒なんだ~

自由というものは制限があるから自由という心境を感じることが

できるんだと所さんが言ってたし。


与えられた自分だけの心という自由の中で、不便や面倒を経験

しながら、磨かれ磨かれ、角が無くなって、ツルツルのま~るい心に

なっていくのでしょうか。


ということはやはり心は大事。

面倒がらずに、これからも付き合っていかなければ(笑)



さて明日はどんな一日にしようか♪

おやすみなさい^^
by egaonotane | 2010-05-28 00:14 | つぶやき

雨あがりの

c0208099_162987.jpg

c0208099_1629828.jpg

c0208099_1629899.jpg


雨上がりのあとの散歩

結構このシチュエーションが好きです。

くろちゃんはあまり歩きたがりませんが。

ぺんぺん草のハート型の葉(?)何でこんなにうまくできた形なんでしょうね。

雨のしずくが銀色に光って見えます。


このシチュエーションに、ユーミンの「やさしさに包まれたなら」

の歌詞が自ずと浮かんできて、鼻歌を歌いながら感動する私でした。

くろちゃんが一諸でなければ、ただの変なおばさん?!


  小さい頃は 神様がいて
  不思議に夢を かなえてくれた
  やさしい気持ちで 目覚めた朝は
  大人になっても 奇蹟は起こるよ

  カーテンを開いて 静かな木漏れ陽の
  やさしさに包まれたなら きっと
  目に写る全てのことは メッセージ

   小さい頃は 神様がいて
  毎日愛を 届けてくれた
  心の奥に しまい忘れた
  大切な箱 開くときは今

  雨上がりの庭で くちなしの香りの
  やさしさに包まれたなら きっと
  目に写る全てのことは メッセージ

   カーテンを開いて 静かな木漏れ陽の
  やさしさに包まれたなら きっと
  目に写る全てのことは メッセージ


よくよくこの歌詞を見てみるとすごく素敵でした♪
by egaonotane | 2010-05-26 16:29 | 心が動いたこと

伝わる

c0208099_0221335.jpg
久しぶりに会う時はいつも、私の背中を後押ししてくれることになる友達から、またまた久しぶりにメールがあり、明日会うことになりました。(もう今日ですね)

私の方もずっと忙しさにかまけて、忘れかけていました(笑)が、ここ数日妙に思い出し、どうしてるかな~なんて考えてました。

そして今日の彼女からのメールでした。


人の思いというものは、決して一辺倒なものではないのだと私は思います。

その人を思う真心があれば必ず伝わるものだと。

そしてそれに感応して互いに通じ合ってゆくもの。


心配な人がいると、心配のたねを必要以上に蒔いて、たくさんの不安の芽を

出させてしまいます。


その人にとって今はいい状況ではなかったとしても、本当にそれが悪い結果を

生み出すものかはわからないわけで。


自分にできることは、その人にとって全てが最善の道であるということを

信じることと、その人にとっての最善の道を進めることができるよう祈ること。


遠くに離れていればなおのこと。


近くにいても、遠くにいても、人の真心というものが空間を越えて

伝わるならば、その人が元気で幸せであることを心から祈ります。
by egaonotane | 2010-05-26 00:25 | つぶやき

胸がいっぱい

c0208099_0112970.jpg
今日は一日荒れたお天気でしたね。

くろちゃんとの朝の散歩では、暴風雨でなぎ倒されている雑草たちが目に留まりました。

こんな時雑草たちは何て言っているんだろう?なんて思いました。

「おくさん聞いて~こんなにひどいお天気で倒されちゃったわ。頭にくるわよね」

(おばちゃんかっ)とは言わないな…(笑)

なんて言っているかなんてわからないけど、自分の今を受け入れる強さを感じました。

「雨に打たれようが、強風に晒され倒れようが、これが私ですから」なんて言ってる

ような気がしました。




ところで昨日遅く新潟に戻ってきました。

とても充実した2日間を過ごすことができました。

2日間、全く別の講演会&懇親会でしたが、心が満たされる感じでした。

行ってきて良かった♪


一日目は、3月に渋谷の時にも参加した深田剛史さんの講演会でした。

本当にこの方からはたくさんの大切なことを教えて頂けます。

今回お話もでき連絡先も教えて頂けたので、いつか新潟にも

来てもらえるかも知れません。

まぁ予算のこともあるし、詳細を聞いてからでないと動けませんが。

後日コンタクトを取らせて頂いて決めたいと思います。




2日目は2月に私たちも開催させて頂く予定の山元加津子さんの

講演会でした。


なんとなくまだこの2日間のことで胸がいっぱいで、頭の中が整理

できていない状態なので、中途半端ですが今日はこの辺で寝ることにします^^

ごめんなさ~い
by egaonotane | 2010-05-25 00:13 | 心が動いたこと

笑顔のたねまき12

c0208099_23565844.jpg
今日の「笑顔のたね」も無事終わりました。

飛び入り初参加の方、久し振りの参加の方達、いつも参加してくれている方の6名でした。

みなさん今日もありがとうございました!


子どもが学校に行くから経験できることがあるように、みんなと

同じように学校に行かないから経験できたこと、感じることが

できたこと、たくさんの気付きというものがあると思います。


「どうなるんだろう?」という不安感と「大丈夫!なんとかなるさ」

という安心感との間を行ったり来たり揺れ動きながら、みなさん母として、

人間として少しづつ強くなっていくんだなと思いました。


毎回みなさんのお話を聴かせて頂いていると、経験ほど真実を語るものは

ないと感じます。




次回6月の「笑顔のたね」も土曜と、通常の平日との2回開催させて頂きます。

新しい出会いも楽しみにしております♪

詳細はHPで後日お知らせします。





明日から東京に行ってきま~す^^
by egaonotane | 2010-05-21 23:58 | 笑顔のたねまき

我がまま

c0208099_2295534.jpg
今日のアロマ講座も穏やかな時間の中、無事に終了♪

参加してくださったみなさま、ありがとうございました^^

今回は「ボディーひきしめ」がテーマでしたので、みなさんブレンドする精油を選ぶのにかなりの本気モードでした(笑)

こんな風に妻であっても、母であっても、自分のために自分だけの時間を、

真剣に楽しむということはいいですね!!



私は小さい頃から、歌番組を観るのが大好きでした。

昔のヒット曲はたくさん知ってます。

ある日カラオケをしていて、曲の年代別検索をしていたら、ある年代は

ほとんど知らない曲ばかり。

ちょうど息子を産んで必死に子育てしていた年代でした。(1992~)

当時は必死すぎて、そんなことを自覚したことなどありませんでしたが、

今思うと本当に大好きな歌も聴かずに、息子のためだけに生きてたんだ

なって思いました。



数日前お友達とランチをしました。

2歳の女の子も一諸。

にっこり笑うお顔は、本当に天使ですね~

お顔は天使だけど、その運動量は半端でないですから(笑)

そして「自分だけに注目して!愛して!」っていう「我がまま」。

この「我がまま」はいい意味での「我のまま」ということです。

0歳~7歳までの、子どもというものの本来の姿です。



息子のためだけに必死だった当時の私には、こんな風に考える余裕など

ありませんし知識もありませんでした。


むしろ抱き癖がつくから泣いてもすぐ抱き上げては駄目みたいな、

「我がまま」を、それが自立のためだと受け入れないような、子育て

に関する情報ばかりだったような気がします。


人間は受け入れられ愛されて、初めて自分を受け入れ愛して、本当の意味での

自立ができるんだということに気付けなかったです。


そんなことがこの歳になってやっとわかって、小さな子ども達を観察すると

いろんなことが見えてきます。


あっ!でも今から子育てはきびしいからダメですよ~(笑)

体力の方が持ちませんから。私の場合はね…



過去への後悔は考え出せばたくさんありますが、そこにとらわれているより

前に進まねば!


歌も聴かずに、息子のためだけに生きていた私の大事な時間もちゃんと

取り戻すぞー!と思うのでした。



来月のアロマ講座は6月17日(木)です♪

テーマは「お肌に優しい虫除けスプレー作り」


みなさんも自分のために自分だけの時間を過ごしてみませんか?

お待ちしておりますよ~


詳細はまた後日HPの方でお知らせします。





☆☆明日は「第12回笑顔のたね」です☆☆

楽しんでいきましょー♪

初めての方で、参加できるかぎりぎりまでわからない方は、

当日飛び入り参加もウエルカム~

お待ちしています。
by egaonotane | 2010-05-20 22:19 | つぶやき

心の反映

c0208099_019918.jpg
今日は第4回アロマ講座です。


毎回講座で、みなさんが楽しんでいかれる様子に、私も幸せ気分になります。

先生は「香り」のおかげと言います。

もちろんそうでしょうが、やはり川上先生が醸し出している穏やかな空間であるということが、一番のポイントです。


アロマの先生はたくさんいると思います。

勉強熱心な先生方なら、知識の面に大差はきっとないでしょう。


物事には一つの方向からではなく、いろいろな方向からの見え方があるように、

その先生の生き方や、心の反映されるものによって、同じアロマテラピーでも

多面的なものになるのではないかと思います。

それがプラスアルファの心地良さだったりするのではないかな。


私は川上先生にアロマを教えて頂けて本当によかったと思っている生徒の一人です。


残席はまだ少しありますので、ぜひ一度体験してみてくださいね♪

詳細はHPを御覧下さ~い。
by egaonotane | 2010-05-20 00:20 | アロマ