不登校・思春期の引きこもりのお子さんと毎日頑張るお母さんのためのHP「笑顔のたね」雑記です。HPも御覧下さい。


by egaonotane

<   2010年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

今日で

c0208099_2352178.jpg明日はランチ会です♪

たくさんお話しましょう~



始めのカエル顔のHPは今日で完全に閲覧できなくなるそうです。

データーも削除されるようです。

限られた中からでしたが、文字の色や背景をどんな風にしよう?!と

色選びだけでも迷いながら、かなりの時間を費やしました。

パソコンという不慣れな作業だったし。


一般的な素敵なHPからはほど遠いものでしたが、大体の要領を得て

完成した時はとても嬉しかったです。


そして雑記等を更新していく時間は、日々の日課となり、自分だけのものを

作り出す作業は創造的で、新鮮な楽しみになっていきました。


なんてもう全てを終えるような調子になっていますが(笑)



全てなくなるということは寂しい気持ちもしますが、こうして思い出すことで

新しいことに挑戦し始めた頃の初心に戻り、これからもこちらで楽しんで更新

していきたいと思います。


初めて作成する時に協力してくれた友達や、カエル顔を見てくれた方達、

今日で最期の一年ちょっとネット上で頑張ってくれたHPさんに(笑)

ありがとうと言いたいです^^
by egaonotane | 2010-06-30 23:05 | つぶやき

ネジリ花

c0208099_2310996.jpg


明後日のランチの詳細をHPにアップしました。

詳細といっても場所を記載しただけですけど…(笑)

今回は個室ではないですが、ドリンクバーも完備ですから、

ゆっくりお話ができると思います。

あと数名なら参加可能です♪



この数日でネジリ花があちらこちらで咲き始めています。

写真は少しピントが合っていませんが、

計算された螺旋階段のように花が咲いていく様は、毎年私に小さな

喜びを与えてくれます。


最近お気に入りの歌の歌詞に、


~目に映る良さ、映らぬ善さ~



~手にする尊さ 出来ぬ尊さ~


なんていう部分があります。


どんな時にも自分自身で見つければ存在している喜びを、

感じて味わえる人間でありたいと思うのでした。



サッカー始まりましたね!

応援することにします^^
by egaonotane | 2010-06-29 23:10 | つぶやき

自分のために

c0208099_23524267.jpg
今日は息子が初めて夫へ対する、今までの怒りや恨みを私に話し始めました。

ずっと夫を一方的に避け続けていて、家では顔も合わせない状態がずっと続いてました。

怒りや恨みなんて言うと、なんて親子関係なんだ?!と思う方もいるかと思います。

もちろん聞いている私は悲しい気持ちです。

悲しいですよ…とっても。


でも息子にとって今日は少しの前進の日であると思っています。



人の記憶というものは、自分がやってもらったこと、普通に幸せだった

思い出より、相手にされた仕打ちや許せない出来事などを、都合よく合理化し

肥大化させ記憶されていくものです。


とはいえ息子にとっては、それがずっと心のしこりであり、その感情に

蓋をしたまま長年過ごしてきました。

たとえ相手を罵倒するような言葉を並べていたとしても、それを言葉として

表現できたことは、よかったのだと思うのです。


誰の心にも存在する全ての感情に良いも悪いもない。

私自身も夫のことで息子の言葉に共感することはたくさんあり、

自分の感情と重ね合わせながらも、息子の心のしこりを少しづつ解放できれば

という思いで聴いていました。

なんせここまで話すのは初めてなもので。


「あいつなんかに興味ないんだよ」

「関係ないんだよ」

「大嫌いなんだよ」


自分でも気付いていない(気付こうとしていない)、それらの言葉の裏側にある本心は

「もつと愛してほしかった」

「もっと父親として自分を見ていてよ」

「好きでいたかったんだよ」


そんな心の叫びに私には聴こえました。


私が息子に共感したという出来事や感情が、今は穏やかなものになっている

ことが、息子には理解できないようでした。(全てではないですよ)

「時間がたったからだろう」と息子は言います。

それにも一理あり。

でもそれだけじゃない。

これは言葉では表現できないことなの。

少しづつわかってきたことだから。


息子に敢えて言ったことは、相手を憎んでも、恨んでも、自分が苦しくなる

だけだとわかったからだということ。

父親のためでなくていいから、自分のためにいつか許せるようになれるといいねと。
by egaonotane | 2010-06-28 23:55 | 不登校/引きこもり

衝撃波

c0208099_0405133.jpg
雨降りの一日。

湿度の高い日には、私の髪質はぺたんこになってしまいます。

それなのに、いつもよりしっかりとパーマをかけたての今日の私は、湿度のおかげで、膨らんでまるで金太郎の髪型になっているような気がしてます(笑)


アドレス変更のメールがきました。

でもそこに表記されている氏名を見ても心当たりがない。

考えてもわからず、「何かの間違いだろう」と忘れ去るところでした。

間違いでも偶然にもメールが届くことなんてあるものなんだと。

一斉送信なので他の送信先のアドレスを見ていたら、思い当たる人物がいて、

その人脈から考えていたら、いつも私が呼んでいた名前が思いつきました。

仮に「あゆみ」さんを「ゆみ」で「ゆみちゃん」と呼んでいる感じです。


初めてその人の本名(フルネーム)を知ったのでした。(衝撃!)

知る必要もなく、それで関係は成り立っていたので、一度もフルネームは何?と

考えたことがなかったんですよね…


あまりにこんなことが私には多くて、もう少し周囲に意識を向けて、

情報をしっかりキャッチしようと何度も思ったはずなのに。



今日もジャスコに買い物に行き、夫婦揃ってトイレに向かいました。

歩きながら何かを考えていたら、何が目的だったのか、途中から不明に

なって歩いてました。


あの白い縦長の男子用トイレの前に立つ夫の姿が目に映り、

初めて自分が男子トイレにおじゃましていることに気付いた次第でありました(衝撃!)


「男子トイレだったの~~~」と情けない雄叫びをあげ、そそくさと

その場を後にしました。

おじいちゃんとその孫だけしかいなかったのが不幸中の幸いでした(笑)



夫が何で男子トイレに入ってきたの?とアホを扱うかのごとく尋ねてきました。

私も言いました。「何で着いて来るの?」って注意しなかったの?


常日頃の私のおやじのような振る舞いに「お父さん」と私を呼んでいる夫は、

「やっぱりお父さんだったんだと思ったからさ」だって。

なんじゃそりゃ!?


もう少し意識をしっかりと持っていかなきゃと、再び思う今日でした(笑)
by egaonotane | 2010-06-28 00:47 | 日々の出来事

笑顔のたねまき14

c0208099_0531551.jpg笑顔のたね、ご参加のみなさんありがとうございました!

今回は初参加の方の申し込みはなく、土曜の笑顔のたねなので、人数的には少ないかなと思っていました。

会場のクロスパルに着くと、絵本作家の「葉祥明」さんの講演会というのが、同じ時間にホールで開催されると知り、もし少人数なら、みなで講演会に参加するのもいいななんて思いながら準備をしていましたが…

初参加の飛び入りの方が2名来られ、7名での「笑顔のたね」になりました。


いつも思いますがご縁というのは不思議なものです。

今日初参加のお二人は、前日相談センターで実は偶然にもお会いしていたようでした。

会うといってもすれ違ったという感じですが。



そして今回は共通の話題として「いじめ」についての話になりました。

ちょうどその時その時で、共通の話題で話しをできるような人が集まるのです。

おかげさまで笑顔のたねも14回目になりましたが、初回からその過程を

見ている私には、物事は無駄に動かされていることなどないんだと思える

ことがたくさんです。



みなさん言われてました。

なかなか同じ立場で共感し合える人と出会う機会がないと。

相談センターに出向いても、そこはあくまで相談する場所なので、

仲間作りの場所にはなりません。

実は機会がないだけで、意外と同じように苦しんでいる方はいるのです。

自分だけで頑張りすぎないで、共感してもらえる誰かに話しをするだけでも、

心は少しすっきりします。

その少しの積み重ねが自分を元気にしてくれるのだと思います。



7月は平日のみとお知らせしていますが、今日の笑顔のたねを終えてみて

7月も土曜日開催をしようかと検討中です。

9月以降も土曜日開催を続けていくということも検討してみます。



笑顔のたねで不思議なご縁で出会うみなさんと、ひとりではないみんなの

繋がりという力で、ひとりでも元気なお母さんが増えていってくれたら

こんなに嬉しいことはありません。


参加する方は受身だけなのではなく、ご自分もそこに参加している

誰かの力になっているのだということも感じて頂けたら、なおのこと嬉しいことです^^


7月土曜日開催が決まりましたら、お知らせします。
by egaonotane | 2010-06-27 00:57 | 笑顔のたねまき

にこやかに嫌み^^

c0208099_0455315.jpg先日バスに乗っていた時のこと。

乗車した時に、発券機から券を取り忘れ、途中の停留所の時に券を取ったおばさんがいました。

わざとではなく、明らかに取り忘れ。

乗車した場所により区間ごとに料金は変わるという理由なのですが、

運転手さんはおばさんを怒っていました。

バスの運転手さんというのは、なぜああいう物言いなのか?

別件でみな別人ですが、声を荒げる運転手さんに、何度か遭遇

したことがあります。

私も降車する時に、おまぬけですからバスカードを取り忘れ、

スタスタと数歩歩き始めたところで、外にも聞こえるマイクを

使い怒られたことがあります。

時間で動くバスを止めたことは確かだし、私が悪いことも確か

なので、もちろん謝りました。

でもあの言い方はないよなと、その時も思いました。


先日のおばさんもかわいそうでした。

悪意はないただの取り忘れなのだから。


バスの運転手さんの話しは、あくまでもひとつの例として挙げたのですが、

人から必要以上に責められたり、責めてしまったりすることって、

誰しもが経験あることだと思います。

親からだったり、親としてだったりなんてことも。


実はとっても嫌みを含む物言いだったとして(笑)

言い方ひとつ、表情ひとつで、ちゃんと相手に肝心なことは

伝わり、反省も促せるのではないかと思います。

時には柔らかくなることも必要かと。


仮にその時は伝わらなかったとしても、まわりめぐって

自分に返ってくるもの。

必要以上に腹を立てる必要もない。


そう常日頃思っている私ですが…

今日美容室を出て、遅いランチを軽く取ろうとマックに寄りました。

前の人がいたので、並んで待っていました。


そこへ背の高い、いまどきの2人の若いおねえちゃんがやってきたと思ったら、

前の人が終わると、注文をしようと私の前に立ちはだかりました(笑)

私に気付かなかったんでしょうね~

周囲への気配りというものもなかったようなので。

少しばかりムッときたのもあったので、言いました。

「並んでたんですけど」

私は言葉にした時点で、「チッ うるせえよ」みたいな言葉や

態度が返ってくるのもウエルカム気分で、ちょっぴり心の中では

ファイティングポーズで構えてましたからね(笑)


おふたりは私の顔をジロッと見て後ろに下がりました。

正直言えば「ごめんなさい、気付かなくて」の一言が欲しかったですが、

どんな時にも「にこやかに嫌み^^」の言える人でありたい私のはずが、

「本気で嫌み」モードがチラついていたんだろうなと思います。


なんてことのない日常の中には、自分をしっかりと見せてくれる

チャンスがたくさん転がっているものです。
by egaonotane | 2010-06-26 00:54 | 日々の出来事

お待ちしています

c0208099_23552780.jpg明後日26日(土)は「笑顔のたね」です♪(詳細はHPを)

今後土曜日開催を毎月するかは未定です。

「笑顔のたね」がどんなものか、この機会にぜひご参加下さいね。

ちなみに7月は平日開催とランチ会あり、8月はお休みとさせて頂きます。

お待ちしています。




そうそう!

また後日お知らせしますが8月の29日(日)にドキュメンタリー映画

「1/4の奇跡」の上映会が新潟市中央区内で開催されます。

こちらは私の主催ではありませんが、お手伝いをさせて頂くことになりました。

当日私の姿形をまだご覧でない方、どれがそうか廣澤探しでもして下さい(笑)

というのは、とってもつまらない冗談で…

まだ会ったことのない方達とぜひ会場でお会いしてみたいと思っています。

興味のある方はぜひ映画をご覧になってみて下さい。




明日は美容院です。

今回はオーダーBOOKみたいなものを珍しく買い、どんな髪型にしてもらうか思案中。

で、結局変わり映えしないんだよな~
by egaonotane | 2010-06-24 23:56 | 笑顔のたねまき

ただ一諸にいる

c0208099_2353027.jpg
小学3年の時の友達で「理恵」ちゃんという子がいました。

大人になった今でも時々ふと思い出すことがあります。

他の子と違って、きゃっきゃっとはしゃいだり、面白いこと言うわけでもなく、物静かだけれど、何か強さを持った子でした。

始めの印象は、その強さが、私の性格のきつさとぶつかる感じがあり、

なんとなく嫌でした。

でも覚えもないくらい自然に一諸にいるようになって、よく私の家に

遊びに来てました。

思い浮かぶ光景は、理恵ちゃんがブランコに腰掛け、ゆらゆらと

揺れる側に私がいる。

何を話すわけでもなく。

ただ一諸にいる。

あの時の不思議な空気は、後にも先にもこの理恵ちゃんとだけだった

ような気がします。


かつて、映画「スタンド・バイ・ミー」を観た時に、理恵ちゃんとの

あの不思議な空気を思い出しました。

ノスタルジックな、もう戻れないあの時。



理恵ちゃんのことが頭に浮かぶ時は、いつも対となって「スタンド・バイ・ミー」を

思い出すのです。

逆もあり(笑)


久し振りにあの映画をまた観たくなった今日でした。
by egaonotane | 2010-06-23 23:53 | 映画

つながっちゃう

c0208099_0125893.jpgいつもこの時期、くろちゃんのもさもさ毛は、お店で夏仕様のサマーカットのにしてもらうのですが、今年はまだなのです。

見るからに暑そうでかわいそうなので、首周りだけカットしてしまいました。

どうせお店ではバリカンで短~くしてくれるので、一時の恥と(くろちゃん許せ)思い切りハサミを入れました。

ザクザクです(笑)


首周りだけなのに、物凄い毛量でした。(かつらでも作れそうな勢い)

これでは暑い!

見たくれは残念になってしまったくろちゃんですが、やはり涼しくなったようで、

今もソファーの上で伸びてます。




今朝思い浮かんだことを忘れないようにとメモしておいたのですが、

それを見ても思い出せない…


「悩みは  つながる」

その時はそれで絶対思い出せると思ったのに。


下手にメモしたことで、「思い出せないよ~」という思考の渦がぐるぐると回り、

本当に悩み?につながってしまったような(笑)


まぁどちらにしてもどうでもいいこと。

すっきり忘れて明日を楽しもっと♪

寝ます^^
by egaonotane | 2010-06-23 00:14 | 日々の出来事

表現

c0208099_0383194.jpg
今日もお知らせから。

「7月のランチ会」の日程が決まりましたのでHPをご覧下さい。

場所はまだ決まっていませんが、日にちだけでも早めにお伝えしておいた方が、参加しやすいのではと思いお知らせすることにしました。



こちらのこの拙いブログにコメントして下さる方、ありがとうございます。


目にされた方も多いかと思いますが、変な宣伝文句をコメントとして残さ

れることがよくあります。

できる範囲で防御策はとっているので以前よりよくはなりましたが、

表現や文字を変え防御をくぐり抜け書き込みをしていきます。

内容は同じことなので、表現法は限られていると思い、拒否ワードで

撃退できるかと思っていましたが、それほど簡単なものではなく、

ある意味感心した時期もありました。

手を変え品を替え品を替えではありませんが、よくあれだけ思いつくもんだ(笑)




こんな拙いブログですが、パソコンに向かう時間は、ない頭をフル回転させ、

一生懸命更新させてもらっています。


そんな人の気持ちというものを軽んじる行為に不快感を覚えます。

そこで教えてもらったので、コメントは承認制というものにすることにしました。

コメントとしてブログ上に反映される時間のずれはあると思いますが、

承認制とはいえ、コメントの99・9%はありがたく頂きます。


承認制という言葉は、あまり好きではありませんが、ご理解のほどよろしくお願いします^^





今日は昨日からの自分の中のもやもやが目の前ではっきりと自覚させられ、

とってもすっきりしました。

エゴというものでした。


あれだけネガテイブにしか考えられなくて苦しかったことが、今はとても

穏やかなものに変化し、むしろとても楽しみになってきました。


物事を一方向からだけではなく、多面的に捉えることができると、

どれだけ可能性というものが広がっていくかということも、

実感することができました。


ちょっと抽象的すぎてわかりづらくてすみません。

別の形でこの雑記で表現する日もあるかもしれませんが、今日はこの辺で♪
by egaonotane | 2010-06-20 00:41 | コメント