不登校・思春期の引きこもりのお子さんと毎日頑張るお母さんのためのHP「笑顔のたね」雑記です。HPも御覧下さい。


by egaonotane

<   2010年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ランチ会

c0208099_23564557.jpg
今さっき、今までやったことのない動画を一瞬ですが投稿してみました。

あっ…でもすぐ削除しました。

パソコン音痴な私にとって新しいことをするということは、とてもドキドキすることで、お試しに今朝散歩中にくろちゃんを撮影
したものを投稿してみました。

くろちゃんは可愛いのですが(犬ばか)、なんだかおやじの声が

入ってしまっているので(私か 笑)今回は削除します。

ちょっと短い時間なのも残念です。(わからないだけかもしれない)

今度はおやじの声なしで再度チャレンジしてみま~す♪




今日はランチ会でした。

とても楽しい会になりました。

みなさんありがとう^^


ランチメニューの中から、なかなかひとつにしぼれない人がいて、

じゃんけんで本人が勝ったらマグロ丼、負けたらとんこつラーメンということに。

負けたのでラーメンなんだけど、やはりマグロ丼に未練がありそうだったので、

マグロ丼にすればーというみんなの声で、彼女はマグロ丼にしました。

面白かった~


あとうちの夫がもらってきた一粒250円という和栗のお菓子が、

一粒食べたらとても美味しかったので、残りのあと2粒をみんなにも

食べさせてあげたくてこっそり持っていきました。

小さいんだけど切り分けて、残り3切れをじゃんけんで争奪戦。

みんな遠慮がちで「私はいいよ」なんて言っていましたが、

じゃんけんで争奪戦の方が楽しいので敢えてじゃんけんにしました。


じゃんけんをしていると、つい最近じゃんけんをしていたあのアイドルの

「A☆B48かっ」なんて誰かが言ったので、「お☆ちゃ☆」達は自ら受けてました(笑)


じゃんけん大会もありましたが、、情報交換やら、同じ立場でしかわからない

深いお話もたくさんしました。

子どものことでは、みなそれぞれが日々いろいろな経験をしています。

話しを聴いていると、みんな辛い時も多々あるであろう毎日の中で、

どれだけ精神性を磨いているのかがわかります。

カラオケ店の一室ではあるけど、とてもいい空間になっていました。


世間では夏休みも終わり、学校に行けなくなり始めたお子さんもいると思います。

もしかしたら「何で家の子が…」って泣いている方もいるかも知れません。


今、辛くて悲しいことも、ありがたいと思える日が必ず来ると思います。

私自身、まだまだいろいろあります。

でも息子が不登校になり始めた頃の私ではなく、同じ場所にはいません。

今はあの時辛かったことも素直にありがたいと思えます。

だからこれから一年後、二年後、三年後…の未来でも、必ず今よりも

ありがたいことが増えているはずです。

自分自身がどう切り替えていくか。

未来からみた今をありがたいものに変えることができるのは、自分自身です。

そんなことができる場に「笑顔のたね」もなれたらいいと思っています。


今日はみなさん本当にありがとう^^

楽しかった♪
by egaonotane | 2010-09-30 23:57 | 笑顔のたねまき

小さな話しですけど

c0208099_0281925.jpg


明日はランチ会です。(あっ今日に日付が変わってしまった)
楽しみ~♪

参加のみなさん、よろしくお願いします。

楽しみましょー!!!


広めの部屋を予約してありますので、1~2名までなら飛び入り参加も可能です。

 場所:シダックス南出来島店(025ー285ー9111)
            
            中央区南出来島1-9-31
            
            デッキー401の近くです。

 時間:11:00~(退出自由)15:00か16:00くらいまで
          
 ◎当日連絡先はこちら



一昨日の朝、家事を早めに終え、くろちゃんと散歩に出ようとしたところ、

鍵が見当たらない!

玄関はオートロックなので鍵がないととても困ります。

息子はまだ寝ているので当てにはできないし。

1時間近く探しましたが、時間がないのであきらめて出かけました。


せっかく早くでかけられると思ったのにぃー!

おまけに散歩中はものすごい強風でイライラ。

くろちゃんはなかなか前に進まずイライラ。


ひとつイライラの思考にはまり出すと、自分自身で何もかもをイライラの

原因に仕立て上げてしまいます。

いつもなら「なんてきれい」と思う散歩道の風景も何も目に入らないし、

足元にある植物を見ても、ちょっとしたことが「ありがたい」と思えていた

自分は消え失せます。


ところで鍵はどこにあったかって?

テッシュBOXの中に入っていましたよ。

夕方家に帰り息子に知らないかと聞いてみると、BOXの中に入ってたと教えて

くれました。



昨日は昨日でバスを待つ間、お金の準備をしておこうと思い財布を探したところ、

バックの中に見当たらない。

お財布は昨日使ったバックの中だったことに気付き、慌てて家に戻りました。

一本乗り遅れると、約束の時間に間に合わないので、注意力のない自分に

ほとほと呆れました。

でも仮にそのまま気付かずにバスに乗っていたら…と思うとぞっとします。

無賃乗車ですからね~~~

とっても面倒なことになっていたでしょう。(怖っ)



今日は、そういう類の話ではないのですが、夕方地震がありましたね(あったそうで)

私は帰ってきたばかりで夕食の準備に忙しく動いていたせいか、全く気付きません

でした。

地震に備えてください!というエリアメールというのが届き、初めて聞く音に

「何の音????」と慌ててしまいました。


息子の部屋の前で「注意した方がいいらしいよ」と伝え、TVをつけると、

すでに地震済みのようでした。

息子に地震に気付いたか聞くと、わかっていたそうです。

アホな母だと思ってたでしょうね。




ごく当たり前の親子なら、鍵の在りかを教えてもらったからって、

地震に気付いたと返事があったからといって、なんともないことだと思います。

何を言ってるのか理解してもらえないかもですね(笑)


でも私にとってはとても嬉しい出来事なのです。

いままでなら勝手な時に用事があれば息子からの一方通行的な会話が主です。

今回も、聞いても返事は返ってこないことを前提に話しかけてます。

それがちゃんと返ってきたんです。

鍵の在りかを教えてくれた時は、「あってよかった」という気持ちだけでなく、

そんな嬉しさもあって息子に「ありがとう~~~」って言いました。




「禍を転じて福となす」なんて言葉があります。

不幸や災難がふりかかっても、それを逆に自分の力として、幸福をつかむ方向へ

持っていくという意。



こちらに書いたことはどれもとっても小さな話しで「禍」なんてものには

当てはまりません。

でもわかることは、その一面だけを見ると、とても受け入れがたいことも、

ほんの少し先の未来であったり、全体から眺めてみると、案外いいことに

繋がっているということです。


この数日ここには書いていないことも含め、そう信じられるいろいろな経験をしました。

もちろん小さな話しですけど(笑)


信じられると気持ちの切り替えがスムーズになってくるのだと思います。

みんなが等しく幸せになれるのですから。
by egaonotane | 2010-09-30 00:28 | 日々の出来事

ゆっくり

c0208099_23505567.jpg
今日は、しばらくの間気持ちの行き違いになっていた友人と、ランチをしてゆっくりゆっくり話をしました。

かっこちゃんのレッツチャットに始まり、べてるの家のこと、息子のことを通して、自分の思いを伝えられることの奇跡的な有難さを、この数ヶ月の間感じてきました。

そして今日も文字というメールのやり取りだけでは、決して伝え受け取る
ことのできない「思い」というものを感じてきました。


ともすれば時には人と関わることが面倒な時もあります。

でもこれは人との直接的な繋がりの中からしか、味わうことのできないもの。


今月の中頃その友人から久しぶりにメールがきました。

私は新潟駅周辺にいたので一休みする際、返信をして今月末に会う約束をしました。

そろそろ帰ろうと駅構内を歩いていたら、なんとその友人に偶然にも会いました。

お互いびっくり!


彼女は映画を観てきた帰りでした。

互いにどこにいるかなんて全く知らず、メールのやり取りをしてましたからね。

ほんの1分、いえ30秒だって違えば会うこともきっとなかったと思います。


余談ですが、

今朝レンジでチンする50秒の間、洗濯物でも干すことにしました。

たったの50秒なので、少ししか干すことはできないだろうと思っていたら、

予想外に干すことができて、実は「こんなにできることがある50秒」という時間と

いうものを体感しました。

時間がないとすぐ自分に言い訳をしちゃうけど、本気ならできることはたくさんあるんだ。


(話しがまたずれそうなのでもとに戻します(笑))


その場に至るまでの互いの行動だって、どこかが違えば、きっと会えなかったんじゃ

ないかな。


出会いというものがどれだけ意味のあることか。

感謝せずにはいられません。


そして今日ゆっくり話しをできて本当に良かったです^^

ありがとう。





さきほどパソコンを開きメールをチェックすると、メルマガ登録をした

覚えのないものを受信していました。


あの先日観てきた「降りてゆく生き方」のメルマガです。

HPは何度か見たことはあるけど登録はしていないのに…?(したのかな?え~???)


でもその内容は10月2日(土)に群馬で開催される上映会と、向谷地さんを始め、

先日新潟市の講演会にも来られた息子さん、そしてべてるの家のメンバーが

来られるというものでした。

実は以前この情報は得ていたのですが、群馬だし…ということで自分で制限

をして始めから諦めてたのです。


それなのにピンポイントで、ぎりぎりでもこの情報が届いたということは、

参加してみたら~ってことかもしれないと都合よく考えすぐ申し込みをしました。

べてるの家の魅力に完全はまってしまいました(笑)


興味のある方いかがですか?
by egaonotane | 2010-09-28 23:53 | 心が動いたこと

スローライフ

c0208099_23573327.jpg
急いで、早く、みんなと同じように振舞って、人にも自分にも負けるなって頑張っていかなきゃならない世の中。

早い者勝ちの競争の中で社会全体が加速します。

みんないつかそんな世の中の流れについていけなくなりそう。

「何かが違うよっ」て、普通で当たり前な常識から外れた子どもたちや、

心の病気の人たちや、身体の不自由な人たちが自らを通して示してくれて

いるのかも知れません。

そんな昨日の「笑顔のたね」での話題。


たね終了後、みんなと別れて独りでモスで本を読みながら一休みをしました。

その時目に飛び込んできた言葉。

『ぼくたちは快楽主義者。

愉しさ、美しさ,安らぎ、おいしさが、世界を変えていくはずだ。

自分が素敵だなと思えることは、まあ、ほとんどエコなんだ。

とちゃんとした根拠もなく信じる。

宗教ですか、と聞かれたら答えずニヤニヤしてごまかす。

いい加減が良い加減。

「あいつら、どこまでまじめなんだか、わからない」と言われるくらいがちょうどいい。

一応組織だけど、まともな組織だと思われて、社会の信用を得るようにはなるまい。

人を責めたりするのはやめよう。

どうせ、みんな弱くて、いい加減でだらしのない人たちの集まりなんだから。

クレジット(手柄や業績)を求めまい、誇るまい。

拡大することを目指さない。

用が済んだと思ったら、出ていけばいい。

案内はしても勧誘はしない。出ていく人を止めない、追いかけない。』

  ( 「ゆるゆるスローなべてるの家」
           ~ぬけます、おります、なまけます 向谷地生良+辻 信一 著より)


こんな風に「笑顔のたね」も続けていきたいし、私自身もそんな生き方

をしていきたいと思ったのでした。
by egaonotane | 2010-09-26 23:58 | つぶやき

笑顔のたねまき18

c0208099_0243422.jpg
本日の参加者は4名。

講演会に行かれる方、お仕事の方と、欠席の旨を伺っていたので予想はしていましたが、少しばかりさみしかったです。(笑)

会場となったクロスパル新潟でも、講演会、何かの集い等など

とても賑やかでしたので、やはり秋めいてきた休日の一日は、みなさんお出かけでしょう。

とはいえ、その時、その場に集まる関係には意味があるものだと思うので、

今日はそういう日だったのだと思います。

みなさんありがとうございました。


今日の会場は交流ホールといって、ダンスやヨガのようなものができる部屋でした。

他は予約がいっぱいで、この部屋しか取れず、どんな部屋かよくわからずに予約しました。


準備に部屋に入ると、椅子も机もない!

この引き戸を開けると椅子が入っているのかもしれないと、ある戸を開けると、

ダンスで使用するような鏡張りになっていて、鏡に映る自分の姿を瞬時に

認識できず「ひゃぁ~~」と情けない声を出し驚いてしまいました。

後から到着したMちゃんに「その戸を開けてみて」と促し、戸を開けたMちゃんも

同じように驚いてました。(あ~面白かった)



みんなで体育座り…というわけにはいかないので、受付に確認すると、

準備室から椅子、机を移動させ用意すればいいと教えてもらえたので、

ひと安心でした。


でも今日は机を出さず椅子だけにしました。

輪になってシェアリング方式でやることにしました。

いつもと違う雰囲気もまた楽しいから♪


人数も少ないので、イメージワークをしようかとも考えていたのですが、

やはり話しが始まると、このままみなで話しをした方がいいように思えたので、

最後までお話で終わりまた。




息子が不登校になってしばらくたった頃、小うるさい子やじだった時期がありました。

私がパソコンに向かっていれば、それほど長時間でもないのに、

「また、やってる、いつまでもやっているな」みたいなことを言われたり、

いちいち私のすることに口やかましいことを言うのです。

正直疲れました。


その時初めてわかったんですよね~

口やかましく非難されるということが、どんなに嫌なことであるかを。

自分が息子にしてきたことを。



今日参加のNさんが、現在ご自分がお仕事で関わっている方の言動で、

「疲れる~!!」と思うことは、家でのお子さんに対する自分なのかも知れないと

初めて気付いたと言われてました。


自分の周りにいる人が見せてくれることは、実は自分の中にあること。

それは自分の中の深いところにあるものかも知れないし、簡単に気付くことが

できるものであるかも知れない。


本当に鏡なんだなとよく思います。

私の場合、そう思うようになってから、やたらと頭にもこなくなりましたね。

なぜこんなに、この人のこういうところが嫌なんだろう?って時は、自分にもある

同じ部分が反応するから。

でもこれは「この人のこういうところが好き」という時には、自分にも同じ部分が

ちゃんと存在しているということなのだから、自信を持っていいということですね。


補足をすれば、家族は強靭な鏡だといいますよ~(笑)



10月の「笑顔のたね」等の予定をHPにアップしました。

御覧下さいませ^^
by egaonotane | 2010-09-26 00:28 | 笑顔のたねまき

結局は…

私の目(というより眼球と言った方がわかり易い)のカーブは

かなり平らしく、たくさん種類のある使い捨てコンタクトなのに

選択の余地はなく、今日は少しがっかりな思いをして帰ってきました。


2週間使い捨てのコンタクトをずっと使っています。

いつもは実家に帰った時に同じところで購入してくるのですが、

今年の夏は帰らずじまいでしたので、現在しているのが最後のもの。

こう見えても新しいお店等を開拓するのはあまり好きな方ではなく、

変なところはとても保守的。

でも最後のコンタクトということで、やっと重い腰をあげたというわけです。


重い腰をあげた割には、せっかくだから瞳がくっきりするものだとか、

カラーコンタクトなんてものしてみようかなどとわくわく考え、

保守的なわりには、妄想派。


ところがこういったコンタクト類は、カーブ(ベースカーブというらしい)が

最もきついものだそうで、私の平らな眼球にはまず合わないらしい。(撃沈)


結局は同じものを購入。



こういう「結局は…」みたいな一連の学習が私を保守的にしていくのでしょうか。(笑)

ちなみに外食するときは、いつも同じメニューを選ぶ人です。


c0208099_1142122.jpg


本日、「笑顔のたね」です。

12時間後にお会いしましょう^^
by egaonotane | 2010-09-25 01:14 | 日々の出来事

すごいことなんだ

c0208099_2384778.jpg
来月のアロマ講座は美容オイル作りです。

先日それに先駆け、当日使用する精油とは少し違いますが、美容オイルを先生のお宅で作ってきました。

オイルは比較的サラッとしていますが、今年の猛暑ではさすがに何となく使えず、

久しぶりの美容オイルです。

久しぶりということもあり、その良さを実感しています。

美容オイルはずっと使用していたのですが、ちょっとした浮気心で(笑)

某化粧品会社のお高いものを血迷って購入し使っていた時期もありました。

だってね…

厳選成分だけをストイックに与え続ける14日間の集中ケア。
つるりとした手触り、生まれたてのような質感へ導きます。

なんて言われたら試してみようかなんて浮気もしたくなるでしょ。


サイエンスの結晶というだけに、良いと言えば良い感じがしました。

でもアロマ美容オイルみたいにシンプルなのに、こんなに良さを実感

できるものではなかったですね。


先日作ってきてから毎日使っていますが、化粧ののりが本当に違うの。

毎日お化粧するのが楽しくなってます。(えっ?見た目は変わらないってか?)


シンプルの中に、人間がどんなに科学の力で創り出そうとしてもできない

天然の成分が満ちている。

これって本当にすごいことなんだ!

当たり前になるとその計らいというものに感動も感謝もなくなってしまうけど。


浮気をして痛い目にあったけど人生経験しましたみたいな、そんな気分です(笑)




来月14日の講座は、お陰さまであと若干名の受付となっています。

このよさをみなさんと分かち合いたいです♪



明後日は土曜開催の「笑顔のたね」です

初めての方のみ申し込みをお願いしていますが、

もし勇気が出ず迷っていたり、当日にならないとわからない…なんていう方は、

飛び入り参加も可能です。

時間内の入退出は自由ですので、固く考えずゆるゆるでいきましょう。

楽しみにしております♪
by egaonotane | 2010-09-23 23:14 | アロマ講座と笑顔のたね

確かな実感

c0208099_23172025.jpg

先日本屋さんで本を探していたら、結構年配のおじさんが、女性の店員さんに本を探してもらい何やら話しをし始めました。

「市の職員にかなりの暴言を吐かれた、何を言われたか思い出せそうで思い出せない」という状態での会話の始まりでした。

店員さんも無理に思い出さなくてもいいのでは?と柔軟な対応をとっていました。

そのうちそのおじさんが言うには、昔から生き辛い人生で、それは酷い

いじめにもあったんだということを、しきりに話していました。

同じことの繰り返しという感じではありました。

いろいろな要因もあるとは思いますが、話を聞いていると、このおじさんも

発達障がいという生きづらさを、もしかしたら抱えていたにも関わらず、

昔では到底理解というものをされずに今に至ってしまっているのかなと

思いました。

また当時いじめに遇ったというトラウマは根強く、怒りと自己否定という

ものが、このおじさんの「今」までを支配してしまっているように感じられました。



最近の息子も父親に対する怒りを少しづつですが吐き出している最中です。(私に)

怒りという感情は決して悪いものではないと思います。

でも「そこに縛られたままでは、自分の時間がもったいなくないか?」と

問うことも、当事者にとってはまだまだ受け入れ難いことのようです。


怒りの感情だけではありませんが、常識では悪いものとみなされがちな

感情を否定せず、自分の言葉で自分の意思を伝えることは、本当に大事な

ことだと(私自身も疎かにしてきた部分ではありますが)ようやくわかってきました。


だから息子にも今まで抑えて言葉にできなかった感情を、息子本人が

確かめながら言葉にして欲しい。

私は聴くことしかできないけど、いくらでも聴こうと思っています。

どれだけの時間がかかるだろう?という思いも頭を過ぎります。

でもそのプロセス抜きには前進できないのだということが、確かな

実感としてあるので、不安というよりも、しっかりと向き合って

息子の気持ちに寄り添っていこうという気持の方が強いです。

あせらず時間をかけて。

その後は真打(夫)登場といったところですか(笑)(夫よ!聴いてるか~!!)




本屋さんに居たあのおじさんも、きっと誰かに話しを聴いて欲しいんだよね。

おじさんにとって最善の道を歩むことができますように。
by egaonotane | 2010-09-22 23:17 | 不登校/引きこもり

体育館の中で

c0208099_23302360.jpg
今日はMちゃんのPTA行事の講演会に、ご近所さんも可ということで参加させてもらいました。

長岡市国際交流センター長の羽賀さんという方の講演会でした。

ひきこもりや不登校の子の自立支援もされている方ということで

参加しましたが、中学校での生徒を対象にしているため、その内容は

世界には内戦や宗教上の問題から自由に学ぶことができない子ども

たちがたくさんいる、学ぶことの意味といった子どもたちへ向けた

メッセージでした。


その後、WATOTOという6歳~14歳までの子どもたちで構成された

アフリカンゴスペルグループの歌とダンスを短い時間ですが

みることができました。

明日(9.22)コンサートが県民会館であるそうです。


アフリカ。ウガンダには内戦、エイズの流行、貧困によって親を失った

子どもたちが200万人以上。

ワトト(スワヒリ語で「子どもたち」の意)の支援により、孤児たちに将来、

希望、可能性を与え、ウガンダの将来を担うリーダーとして世に送り出す事

を目的としたプロジェクトだそうです。

アフリカと世界の架け橋としてコンサートツアーを展開し活躍中です。

9月22日(水)

県民会館大ホール

開演19:00

大人2000円(前売り)

  2500円(当日)

お問い合わせ先:080-3366-6236(小林)



今日は久しぶりの学校という場で大勢の中学生のパワーに圧倒されました。

なんだか疲れた(笑)

このパワーの中で、みなと同じように居ることが困難な子がいても

何の不思議もないような感じがしました。

よく私自身難なく過ごしてきたものだと思います。

なんとなく見回してみると、いつもがそうだとは限りませんが、

やはりポツンとしている子はいるようで、息子もさぞかし苦しい時期が

あったんだろうと、今さらながら胸が苦しくなりました。


同じ体育館の中で、

ウガンダの孤児たちが夢・希望・可能性のために歌を歌う。

中学の生徒たちは日本という国、自分たちの生きる環境が、

どれだけ恵まれたものかを考える。

そして私はやはり今はそのどちらにも属さない息子を思う。

生きることって何だろう…なんてつくづく考えた一日でした。
by egaonotane | 2010-09-21 23:30 | つぶやき

うれしいこと

今朝は顔を洗うお湯の温かさが心地よく感じました。

あんなに暑かった夏の終わりを感じます。


くろちゃんのお散歩も、もう朝早く出かけなくてもよくなってきました。

これからは早いと寒い。

今日は雨がポツポツ降る中を散歩しました。

土砂降りはいただけませんけど、このくらいの雨の中は草木が光って見え

とてもきれいなので結構好きです。

葉に光る雨の雫に映る、逆転した小さな景色を眺めているのが好き。

(こういう日の雑記には毎回同じことを書いているような)



たね参加のある方からメールをもらいました。

こちらの雑記も読んでくれているそうで、最近の雑記から、

もしかしたら私が近頃辛い状態なのではないかと心配してのメールでした。

確かに今までとまた少し違う心配事も出てきたので心はすっきり晴れません。

でもそのお陰で違う視点で見ることができるようになってきたことが

いろいろあります。

むしろ掴めそうで掴めないような、何かがわかりそうでわからないような、

自分でもじれったい感覚です。

それをこちらの雑記で頭を整理しながら、何かまだわからないけど、

その一歩を掴もうと手を伸ばしているような…そんな感じ。

読んでくれている方にはわかりずらい表現しかできずごめんなさい。


もし同じように感じてくれている方がいたとしたら、私は大丈夫です^^




こうして心配してくれる仲間がいるというのは本当に幸せです。

メールをもらえてとても嬉しかった!

本当にありがとう。
c0208099_23512957.jpg

by egaonotane | 2010-09-20 23:51 | 心が動いたこと