不登校・思春期の引きこもりのお子さんと毎日頑張るお母さんのためのHP「笑顔のたね」雑記です。HPも御覧下さい。


by egaonotane

<   2010年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

探しもの

c0208099_153270.jpg

一時息子の話しを聴く日々が続いてました。

今まで語らなかった気持ちなので、私としては精神的には辛かったりもしました。
一緒に泣けた時も何度もありました。
でも聴いてあげたかった。


そんなことを繰り返して、まだ全てが終わったわけではないでしょうけど、少しスッキリした感じはあります。
(ひと休みか(T_T)



今日出かけようとすると、ノートを買ってきてと頼まれました。


最近の息子との話しの中での息子の意思は、日本を離れたいということ。


なぜその国?という候補があるので、語学の勉強でも始めようとしているのかも知れません。

全く違うとしても、それはそれでいいんです。

ノートを買ってきてと言われたのは初めてのこと。


だからそこに僅かでも光があるのなら、その光を大事に育てていきたいと思います。



今日は夫の帰りが遅くなるということがわかっていたせいでもあるけど、夕食ができるまでリビングでテレビを見てました。

私には背を向けてますけどね。

こんなことは、とっても久しぶりな気がします。
少し気持ちが安定してきたのかな。



あと最近の息子は、何日おきにしか風呂に入りませんでした。

それがこの数日入ろうという意思があります。
今日も入ってました。



どうしたんだ〜?(・・?)
嬉しいことだけど、少しだけ怖かったりもする(笑)

嵐の前の静けさというやつ?


沈んだり浮上したりを、これからもきっと繰り返していくのだろうけど、全てが順調なのだと思うことにしますo(^-^)o


息子の探しものが見つかりますように。
by egaonotane | 2010-10-30 01:53 | 不登校/引きこもり

それぞれだからね

c0208099_0144091.jpg

ランチ会参加のみなさん、今日は冷たい雨の中、ありがとうございました\(^O^)/
楽しかったです♪


やすらぎ堤のコスモスは、中途半端な成長のまま、この寒空に凍えているようでした。


毎日見ている身としては、なんとかしてあげたい気分ですが、何ともできないことや、する必要のないことがあるのだと思います。


息子と毎日接している時にも、同様のことを感じます。


わざわざ言わなくても、本人が一番わかっていることは多々あります。


どのような状態でも、その状態をしっかりと受け入れ 、では今できることは何かを見つけていくこと。


できていないこと、足りないことを、自分自身でほじくりかえし探し出す行為ほど自分を苦しめるものはないわけで。


でもみんな色々な環境や事情があって、それぞれなんだよな〜
どの考え方や行動がベストだと言えることは、きっとないのでしょうね。


みんなそれぞれだから。



今日は一番不得手なパソコンで、上映会のチラシ作成のためにずっとパソコンの前で固まっていたら、何の成果もないまま頭だけ痛くなって、寝ることにしました。

でもランチ会に参加のみなさんにお礼は言いたい!と携帯から今日のことを思い出しながら投稿しようとしたら、なんだが要領を得ないことをだらだらと失礼しました( -_-)



それでは今度こそ寝るぞー(-_-)zz(-_-)zz(-_-)zz
by egaonotane | 2010-10-29 00:14 | 笑顔のたねまき

明日はランチ会♪

c0208099_1418767.jpg

明日は恒例となりつつあるランチ会です(^.^)b


場所等の詳細はHPをご覧ください。

いつものように広めの部屋を予約していますので、あと3名くらいはOKです。
(当日でも)


先ほど社会福祉協議会に、上映会の後援申請をしに行ってきました。

私にしてはすんなりと事が運んであとは許可の通知を待つばかり…と思っていたら、書き足りない箇所があったようで、まとめてFAXしなくては(T_T)
やっぱりの展開でした。


今は外出先で休憩中(^3^)/まあまあいい感じの隠れ家的場所を見つけました(ふっふっ)


では明日参加のみなさん、よろしくお願いします。
楽しんでいきましょうね〜^ー^)人(^ー^

そう言えばキグレ大サーカスが負債抱えてなくなってしまうんだとか。

小学生の頃、後楽園でやっていた時に、招待券を友達にもらって家族で行きました。


息子の小さい時にも、ゲームセンターで招待券当たって連れて行きました。
お馬にまたがる息子の写真があります。


残念ですね。
たくさんの人に楽しい思い出を与えてくれたのに。
ありがとうと言いたいです。

招待券ばかりで楽しむ人間がいたからですか?

ごめんなさい|(-_-)|
by egaonotane | 2010-10-27 14:18 | 笑顔のたねまき

何の実?

昨日は佐潟に行ってきました。

先週だったか?車に乗って信号待ちをした時に、あの実が色づいていたのを、

久しぶりに目にして、もうそんな季節なのだと思いました。

夫は「佐潟に実を見に行こう」と言えば私が動くと思っていて、まんまと

私がそれにのっかった形で出かけたのでした。


学生の頃アルバイト先のおばさんが(今の私くらいか?ひぃ~)

今日の写真の実を持ってきて花瓶に挿して飾っていました。

みずいろ、むらさき、みどりいろ。

なんとも言えない私好みの色合いと、絶妙な配色でたまが連なる様が可愛いくて

ずっと記憶の中に残っていました。


昨年の今頃、佐潟に行った時にこの実をたくさん見つけました。

たくさん写真を撮って大満足でしが、名前がわからないんです。

いまだにわからない…だからあの実とか、この実としか言えないのです。

どなたかご存知の方はいませんか?


この実が見たくて佐潟に行くなんて、なんという単純さかと思いますけど。

もしかして…毒毒な実だったりして?!

知らない方がいいこともありますね。



そしてこの時期、佐潟にはかもちゃんと白鳥さんです。

ハーブ園に寄り、ケーキとハーブティーをいただきながら、鳥さんたちの

声をぼーっと聞いていると時間を忘れてしまいます。

素敵な時間を過ごせました。





しばらくの間、来年2月の上映会&講演会のチラシ作りやらの準備作業と

ちょっと勉強の時間も取りたいので、こちらの雑記もお休みがちになり

そうですが、できる限り頑張りま~す^^

ということでよろしくお願いします。



c0208099_23405086.jpg


c0208099_23405047.jpg

by egaonotane | 2010-10-25 23:40 | 日々の出来事

笑顔のたねまき20


今日の「笑顔のたね」の会場は、クロスパルにいがたではなく福祉会館でした。

「今日の会場はクロスパルではないんだっけ?」なんて、間違ったクロスパルから

慌てて電話があったような(笑)

今日も参加できないとの連絡を数名の方から受けていたので、予想通り少人数での

たねになりました。


話しをしていたら「聴く」練習の時間があまりなくなり、15分ずつを予定して

いましたが5分ずつに変更しました。

話すお題は「子どものこと」。

話し手も聴き手も、それぞれの立場で「聴く」ということを体感するには、

5分という時間は少し短かったですが、「聴き手」は自分の意見をついつい

言いたくなるということを自覚できたようでした。

それをいつも子どもにやっているんですよぉ~


また「話し手」もただ話すだけでスッキリするかもという意見も出ました。



私もみなさんに「聴く」ポイントを伝えておきながら、おもいきり意見を

言いそうになっていました。

いつもこうなんだよな~

息子と話しをしていても、「まず最後まで聴いて!」と注意勧告を受けてますから(笑)


話しを聴いてもらえるということは、程度はあるかもしれませんが、

自分ひとりで抱えていた問題を誰かに話すことでスッキリします。


それと同時に自分の思考のフレームの中で、ひとつしかなかった選択肢が

増えるように、自分自身でいろいろなことに気付いていくことができるのだと思います。


そのことは私自身がセンターの先生に話しを聴いてもらいながら感じてきたことです。


最近の息子の話しを聴きながら、息子の心の動きを感じていると、講座等で教えて

もらったことが知識だけではなく経験として自分のものになっていっているように思えます。

ありがたいことだなと思います。

でも…そこに至るには毎日結構大変なのですよ~~~~(笑)


また次回、私自身が気付いたこともお伝えしながら、「聴く」練習もたねの内容に入れて

いく予定です。


今日はみなさんありがとうござました^^


11月の「笑顔のたね」開催日の予定をHPにアップしましたので御覧下さい♪

c0208099_2326752.jpg
by egaonotane | 2010-10-23 23:28 | 笑顔のたねまき

明後日は

c0208099_234464.jpg

自分用の小さいパソコンから投稿しようとしたら、2回も途中で消えました。
何かに触れてしまうらしい(T_T)

またくろちゃん動画をのせちゃおうか。


そんなわけで今日はもう断念して携帯から簡単にお知らせだけ。


明後日は「笑顔のたね」です。

会場はいつものクロスパルではなく、福祉会館になりますのでご注意下さい。


今回は人数にもよりますが、先日の講演会でも先生のお話にあった「聴く」ということ、ピアカウンセリングの練習をしてみたいと思います。

やり方は簡単です。

15分間お互いの話しを聴き合うだけです。


以前私も講座でやったことがありますが、あえて練習という形を取ると、話す方も聴く方も、見えてくることがあって、ためになります。


ご自分で体感してみて下さいね(^.^)b


余談ですが…
自分がその立場にならなければ、わからないことって本当にたくさんあります。

昨日、自転車で橋を渡っていると、上り坂の前方にゆっくりと車椅子を押すおじいちやんがいました。

車椅子にはおばあちゃんが座っていて、自転車をこぐまだ若い?私だって息切れ状態なのに、あんなに小さくて歳をとったおじいちゃんが上り坂で車椅子を押すのはかなり大変そうでした。


なんとかならないんでしょうかね。



簡単にのはずが、また長くなりそうなのでこの辺で~(-_-)zz
by egaonotane | 2010-10-21 23:44 | 笑顔のたねまき
c0208099_23221212.jpg
そういえば先日の日曜日、白鳥が飛んで来たのを見ました。

白鳥が県内に飛来したとのニュースは少し前にみましたが、生で見ると結構感動しますね。

あ~やっぱりあの寒い冬がくるんだと身が引き締まる思いがします。

田んぼでお食事中の白鳥を見ると、少しイメージが崩れるのでやはり湖にいて欲しいけど…

飛んでいる姿はなかなかいいな~。

群れの中で2番目に飛ぶ白鳥がリーダーだということです。

(夫情報なのでアホな私は騙されているかもしれない)


冬が来る前に紅葉も楽しみたいものです。

11月7日に、上越で「1/4の奇跡~本当のことだから~」の上映会が開催されます。

その頃紅葉も美しいそうなので、ドライブがてらいかがでしょうか。

上越のお近くにお友達がおられる方は、ぜひお友達にもお知らせ下さい♪

当日私はお手伝いとして会場にいます。

新しい出会いがあると嬉しいです^^





ドキュメンタリー映画「1/4の奇跡~本当のことだから~」上映会

【上映日】: 2010年 11月 07日(日)
【時間】: 1回目上映 14:00 ~ 16:00
     2回目上映 18:30 ~ 20:30

【会場名】: ワークパル上越(新潟県上越市下門前477)
【会場定員】: 各回50
【日本語字幕】: あり
【入場料金】: 前売り 1000円/ 当日 1200円
【割引料金など】: 小中学生 前売り 800円/ 当日 1000円

【主催者(団体)名】: ヒーリングサロン アクアムーン/片所 珠枝(カタショ タマエ)

【受付E-MAIL】: こちらから
【受付FAX】: 025-522-3319
【受付電話】: 025-522-3319
【問合せ連絡先】: 025-522-3319


お申し込み方法
    ●主催団体へ直接、お申込み下さい。
    ●予約状況は、主催団体に直接、ご確認下さい。 


廣澤でも申し込み受付しています。

●HP
・映画メイン
http://www.yonbunnoichi.net/
・ストーリー
http://www.yonbunnoichi.net/sakuhin/story/
・感想
http://www.yonbunnoichi.net/joueikai/kansou/
by egaonotane | 2010-10-19 22:36 | イベント情報

だんだんと

c0208099_23252298.jpg

くろちゃんの散歩中お日さまに当たっていても、今日は初めて肌寒いと感じました。


数日前までは、じーっと立っていると汗ばむ感じだったのにな。


だんだんと冬が近づいている気配を感じた今日でした。


今携帯からですが、途中で居眠りをしてしまいました(-_-)zz


今日は早めに寝ることにします。

お休みなさ~い。

明日もみなさんにとって素敵な一日となりますように^ー^)人(^ー^
by egaonotane | 2010-10-18 23:25 | 日々の出来事

ためいき

c0208099_0383370.jpg
10月のアロマ講座も終わったばかりですが、11月のアロマ講座のお知らせをHPにアップさせていただきましたので御覧下さい。

おかげさまで最近参加される方が増えてきていますので、参加希望の方はお早めにどうぞ♪


「溜め息」


言葉の表現とすれば、「溜め息がでるような、美しい…」のように

使われることもある「ためいき」。


でも実際の生活の中では、疲れた時や、思うように物事が運ばない時などに、

思わず吐き出す長い息といった感じでしょうか。


悪い気を吐き出して自分自身は、もしかしたらすっきりしているのかも

しれませんが、誰かの吐く溜め息の気配を感じるものはいいものでは

ありませんね。


うちでは夫が朝からよ~く溜め息をつきます。

仕事に行くからというよりも、休日でも車を運転しながらとか、

夫の溜め息は年中です。

多分夫は無意識にやっていると思います。

私はそばで「あ~まただ」と嫌な気分になります。

溜め息の意味を調べると「心配・失望・落胆、または感心した時に

思わず出る長い息」とあります。

後者の意味ならいいですが、心配・失望…という意味からしても、

溜め息をつくと、なんだか自分のモチベーションまで下げて

しまうような感じがします。



先日息子が夫のことを話している時に、夫の溜め息について触れてきました。


シチュエーションとしては、息子が自分の部屋にいる時。

息子の部屋と玄関は近いので、夫の溜め息が聞こえてくるのだそうです。

息子はその溜め息を、自分に向けられる溜め息のように感じていました。

父親が息子に対して「お前なんか勝手にしろ」と思ってつく溜め息なのだと。

溜め息が聞こえることは、夫に対しイライラするする一要因のようです。



年中溜め息をつく夫ですし(笑)、息子が思うようなことは夫は

思ってはいないはずです。

息子が感じていた事実には驚きました。

言葉では父親を責めながらも、父親に認められないという思いの

自己否定のように思います。



部屋を出てリビングに行くと母親が肩を落として深い溜息をついている。

そうさせるのは自分のせいだと思い、その姿を見るのが嫌で部屋から

出ずにひきこもりになったという話しを聞きました。



昨日の先生も子どもの回復には、母親のエネルギーの回復が大切だと

言われてました。


不登校やひきこもりという現状にある子どもたちは、親の溜め息をも

自己否定への材料としてしまうのですね。

そうであるなら、そういう必要のない材料は取り除いた方が良さそうです。


最近笑顔がない…、溜め息ばかり…

そんな方は、ぜひ「笑顔のたね」にお越し下さ~い^^
by egaonotane | 2010-10-18 00:44 | 不登校/引きこもり

事実だけを

c0208099_2030100.jpg


なんと消えたはずの投稿寸前の文章が生き残ってました。

なぜだ?

パソコン音痴は本当に困りますね。





今日(10/16)は新潟中央学院主催、森 薫さんの講演会に参加してきました。

男性の視点であるとは感じましたが、とてもためになるお話を

聴かせていただきました。


私も「聴く」ということに関しては、最近息子に鍛えられる修行の

ような毎日を過ごしています(笑)


昨日も夫が出張でいない夜の数時間、息子の話を聴いていました。

修行をさせれているせいか、「聴く」ということはどういうことか

少しづつわかってきたような気がします。


うちの場合

まず息子は、いきなり話し出すのではなく、ため息や、挑発的な態度、

言葉を投げかけることにより、聴き手が本気で聴こうとしているかを

とても鋭い感覚でとらえています。

そこでその挑発的な態度に軽々と乗るのではなく、それでもOK、

そんなあなたでもOKだという、受け入れる姿勢を見せることが重要です。

そこですぐ怒り出すと、話す側の心情として「悪いことは言ってはいけない」

という「何も言えない」状態になるのだとわかりました。

今まで私は、親子だとて礼儀というものが必要だろう、そんな悪い

言葉は使うなとすぐ怒りました。

まさに説教。

親として教えなければという意識が前面にあります。


もちろん言ってはいけないことを教えることは必要ですが、本人自身が

そんなことは十分わかっているはず。

ゆえに「聴く」という場合は無用なのです。

教えなければという意識も全く無駄なものです。

怒りのふたを開けるということは、綺麗な言葉で表現されるものでは

ないからです。


息子は親が怒る言葉や状況がわかるので、自分の気持ちを正直に伝える

ことができなくなっていたのだと思います。


私もまだわかった気がするという段階で、まだまだ難しいことではあります。

息子に鼻先でふんと一笑されることかもしれません。


けれど息子が今までより、自分の気持ちを話してくれているという実感があります。

そうしていいことも悪いこともちゃんと伝えてくれると、わからなかった

ことがわかるのでとても嬉しいということを、私も伝えています。



聴いて欲しい時は、ただ聴いて欲しいのです。


息子が、「どう思うの?」「どうしたらいいの?」と

尋ねてくる時があります。

そういう時に、自分の気持ちを伝えればいいのだということがわかりました。


では自分の気持ちをどう伝えるか?

今日の講演会で、わかりやすくお話しされていたのでご紹介します。

例えば子どもが遅く帰ってきた時に、理由も聞かず怒り出せば、

子どもは自分の領域に踏み込まれ攻撃されたことにより、自己防衛手段を

取るのでバトルが始まります。

売り言葉に買い言葉みたいに。


そんな時、

「健康が心配」「危ない目にあっていないかという不安」

「約束を守らないということへの怒り」という、今の気持ちを

あるがままの大きさで事実だけを伝える。


自分が一番伝えたいことは何か、自分の心に聴いてみる。

相手の領域に踏み込むことなく、攻撃したり批判したりすることも、

おどすこともなく、伝えたい自分の今の感情をあるがままの大きさで

表現すればよい。

そうすれば子どもも自分の感情を素直に表現しやすくなるのだということです。


このように自分のあるがままの感情を表現する方法を

アサーション(相互尊重の自己表現)と言いますが、

なかなかそうは言っても難しいですよね。

アサーション力を身につけるには、普段から今の自分の気持ち、

感情を聴いてみるトレーニングをするといいそうですよ。

そしてそれを口に出してみるのだそうです。


「今私は気持ちがいい」

「今私はイライラしている」

「今私はさびしい」

というように。

少し意識してやってみようと思います。



「聴く」ということは本当に難しい。
by egaonotane | 2010-10-17 02:00 | 不登校/引きこもり