不登校・思春期の引きこもりのお子さんと毎日頑張るお母さんのためのHP「笑顔のたね」雑記です。HPも御覧下さい。


by egaonotane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2011年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

締めくくりは♪

c0208099_1524450.jpg

今日は、他で開催される講演会等のチラシを主催者さんからお預かりしているので、上映会での配布用に袋詰め作業をしました。
写真はチラシの数々。

同時進行で当日使用するDVDの視聴チェックも行いました。


主催者側の気持ちはよくわかりますので、お預かりしたチラシはできればたくさんの方々のもとへお届けできるようにと、個別の袋詰めにさせて頂きました。


毎回こういった作業は行っているので、時間にしても数時間で終わるだろうと、お気楽に考えていたら、集まったチラシがいつもより多いことと、自分のこだわりのため(笑)、部屋の予約時間内には終わらず、急遽追加予約をして作業をしました。

全て終わったのは7時半頃でした。

確か午前中からやっていたはず(ρ_-)ノ

今日は、ありがたいことにお手伝いしてもらったので、ちゃんと終えることができましたが、当初は自分ひとりでやる予定で、現実を考えると、どうしてこれをひとりでできようか?!といった状況でした
|(-_-)|


とにかく終わって良かったです\(^O^)/

当日みなさんにお配りします♪


今日の作業も終わりの頃、携帯の着信音が…

参加申し込みかと思って電話に出ると、何だかさっきまで聞いていた声が?!

そうです、かっこちゃんからでした。


作業中にDVDの映像を流しながらだったので、かっこちゃんの声を聞いていたので、聞き慣れた声に感じたのでした。


上映会に参加してくれた、たくさんの方々にかっこちゃんのメルマガ登録をお願いできる場所を、できれば設けて欲しいとのこと。

優しい声と優しい人柄が
伝わってくるお電話でした。

一日の締めくくりは、かっこちゃんとの素敵な数分間ヾ(=^▽^=)ノ


そしてお手伝いしてくれたみなさん、ありがとう(o^o^o)
感謝です♪
by egaonotane | 2011-02-25 01:52

動くとね

c0208099_0422212.jpg

少し暖かくなってきて、くろちゃんもごきげんです。(真っ黒でわかりませんね)


今日は当日の会場で、上映会で使う機材等の使い方を教えてもらいながら、重要な担当のシュミレーションをしました。

協力してくれたみなさん、ありがとうございました。

その後司会の進行、照明、細かい作業の分担等の打ち合わせをしました。

さすがに朝早くから一日だったので、少し頭がぼーっとしてます。(いつもか)今日の夜の作業も早めに切り上げました。
楽しみながらやらないとね。


まだまだやることはたくさんあるので、上映会まであと少し、お得意のうっかりのないよう、しっかりしなくては。


頭でいくら考えていても、見えてこないことが、今日のように実際に動いてみると見えてきます。

動いてしまうことが一番早いのでした。

たくさんの経験が、自分自身を本当の自分に近付けてくれるような気がします。
でも本当の自分って何だろう?(?_?)


明日は約束事はないので、ちょっと病院に行ってきます。

当日万全な体調で望みたいので(^^)v


おやすみなさ〜い(^_^)/~
by egaonotane | 2011-02-22 00:42

笑顔のたねまき27&上映会

c0208099_16052.jpg

今日のたねは、もう少し参加される方がいるかと予定していたのですが、急遽参加できなくなった方もいたりで、少しさみしい感じではありました。


先日あった発達障がいに関する講演会に参加された方達が、心に残ったことを報告してくれました。


当然のことですが、主催者として、初めから全参加しています(笑)

その中で、たった一度お会いしただけの方もいますし、たねにはたまの参加だけれど、ブログを読んだ時や、メールをしたくなったと嬉しいメールをくれる方達もいます。

いろいろな出逢いの中で、ありがたいことに最近ずっと参加してくれているみなさんとは、不登校という側面のみでなく、心の深いところのお話しができるので、私としてはとても嬉しいです。

今日もそんなたねでした。
参加してくれたみなさん、ありがとうございました。


午前中は上映会スタッフの顔合わせと打ち合わせでした。

今日はお仕事やインフルエンザで来れない方もいましたが、みなさんを感じていたら、とてもあたたかい上映会になっていくだろうと、嬉しい確信ができました。\(^_^ )( ^_^)/

みなさんお手伝いしてくれることを楽しんでくれていて、中心で動いてくれている方達は、本当に積極的に動いてくれたり、アドバイスをしてくれます。

私一人では、できることは限られています。

みなさんに感謝です。
今日はお疲れさまでした。(o^o^o)


また参加申し込みをしてくれた方が、上映会のことを、お友達にたくさん紹介してくれて、そこからまたたくさんのお友達に紹介してくれているようで、本当にありがたいことばかりです。

今日も素敵な一日でした♪
ありがとう(^3^)/
by egaonotane | 2011-02-20 01:06 | 笑顔のたねまき

同じ

c0208099_15154229.jpg

霜柱…
チューリップの球根の植えてある花壇の中だったので、ざくざくと踏んでみたい衝動を抑えました。
Ψ(`∀´#)


昨夜から、くろちゃんが何度もトイレの辺りでふらふらするという挙動不審状態になっていました。

こういう状態の時は、体調が悪いのです。
吐き気と下痢です。

たま〜にあることなので慌てはしませんが、なんせ突然なので大変なのです。

命をあずかるということは大変ですね。

今回は一晩中寝たり、ふらふらを繰り返し、私は吐いたり、もよおした物の後始末をして、やっと落ち着いて寝ることができたのは、朝方数時間でした。

午前中も少し変でしたが、落ち着いてきたので、明日の印刷用の用紙を買いに、いつもの店に出かけたら、臨時休業で(T_T)、方向的には真逆のTSUTAYAに来ました。(マックで一休みしてます)

今日も夜は印刷用の原稿を作らなければならなくて、時間がないので、今日はめずらしくこんな時間に更新です(^O^)


色つきの用紙が欲しかったのに、ありませんでした。(T_T)

みなさんも、ぎりぎりではなく、余裕を持って準備して下さ〜い( -_-)


ところで
くろちゃんの様子が昨夜から悪いことをわかっている夫。

朝起きてくろちゃんに大丈夫かと話しかけてはいたようですが、私に夜中にどんな様子だったか聞いてはきません。

私は「一晩中大変だったよ〜」と言いたかった。
多分…


息子が不登校になり始めの頃、担任が家に訪ねてきて、帰宅した夫は担任と顔を合わせました。

なのに…「何で先生が来たの?」の一言もない夫と、その後の言動に、私はぶちギレたことがありました。(−_−メ)
(夫には息子のことを、まだ話していませんでした)

昔から、自分が核心に触れることが恐かったり、億劫なことには、見て見ぬふりをします。

そんなところが嫌いだったりする私だけど、じゃあ何故私自身も聴いて欲しいことを素直に話さないのか?!
核心に触れようとしないところは、夫と何ら変わりはないのでした。

結局のところ同じじゃん
|(-_-)||(-_-)||(-_-)|


ではそろそろ店を出ることにします(^_^)/~
by egaonotane | 2011-02-16 15:15 | 日々の出来事
c0208099_056186.jpg

今朝はまた雪が積もりました。
あの小さな木も頑張ってます。


連休最後の日曜は、こちらでもお知らせした西谷真美先生のセミナーに、一日参加してきました。


今までの復習を兼ねてのつもりで参加しましたが、更に内容は充実していて、とにく優しさに溢れた、真美さんだから語ることのできるお話しでした。

かっこつけたことを言うのではなく、全てが真美さんの経験からの言葉です。

だから人の心に響きます。とくに今回のように少人数だとなおさらでした。

参加者の今苦しいところ、痛いところに、寄り添ってくれます。

私も真美さんのようになりたいと、いつも思います。

今回の収穫の一つに、息子との最近のバトルがなぜ起こるのかがわかったということがあります。

自覚している以上に深いところに存在している、自分自身の罪悪感を許していくプロセスを、息子が促してくれていることに気付くことができました。


自分が自分をどう思っているか。

自分を認めていなかったり嫌っていれば、自分自身が下す評価通りの環境や人間関係に自ずと身を置くことになるということ。


私は息子を育ててきた今までに、かなりの罪悪感を持っています。

あの時あんなことを言ってしまった…、やってしまった…って。


息子に先日も言われたことは、「何が悪かったと思うのか言ってみて」。


謝るべきことは謝ります。でもその時はそれが精一杯で、それしかできなかったのだということを、自分がわかってあげなくては。


いつまでも罪悪感で自分を責め続けているから、息子も私を責め、私自身を見せてくれているのです。


いい加減、自分を許さなきゃね(T_T)


たねに参加してくれるみなさんの共通のテーマは「許し」だと、らびっとあいさんも言われてました。

みなさんにも、自分の中に存在している罪悪感はありませんか?


自分自身を愛してあげて、自分が変わっていくことが、子どもを変えようと努力したり、右往左往することより先なのだと思います。
by egaonotane | 2011-02-15 00:56

よくできています

c0208099_23563026.jpg

高校生の頃からずっと花粉症です。
この数年飛散量も少なかったせいか、アロマとハーブティーを飲みながら、ほとんど薬を飲まずに乗り切っていました。

今年はやはりひどくなりそうです。
今までさほど目にはこなかったのですが、今すでに辛い状態です。
鼻の方も薬を飲み抑えてます。

花粉症のみなさん!
なんとかこの辛い季節を乗り切っていきましょうね。

今日はたねのランチ会でした。
参加者は少なかったですが、ちょうど上映会のお手伝いをしてくれる方々でしたので、伝えておきたいことなど、上映会のお話しができました。

人と人との繋がりや、タイミングといったものは、不思議なくらい上手くできていて、たねにしても、私自身の個人的なことにしても、面白いくらいよくできています。


その中には、もしかしたらその場では気付かないこともたくさんあります。

忘れてしまうくらい後になって、そーいうこと!なんてことがよくあります。

そんな場合、忘れてしまうくらいの時間というものが、きっと必要だったからなのではないかな。

後で重要な係わりを持つような出逢いであれば、互いに熟成期間が必要なのかも知れませんね。
機が熟すまでね。
(^^)/▽☆▽\(^^)

今日のお店は料理も美味しかったし、気兼ねなく長居のできる居心地のイイお店でした。
(ドリンクバーがあったらなおのことbyおばちゃん)

みなさん今日も一日、ありがとうございました(^3^)/

19日のたねでまた会いましょうね(^.^)b
by egaonotane | 2011-02-10 23:56 | 笑顔のたねまき

ランチ会です。

c0208099_0173310.jpg

出かけようと外に出ると、けっこうな雨で、目的地に着くまでには、あられも降ったりで、ずぶ濡れになりました。
(自転車だから。傘差し運転で注意された小心者だから。)

寒かった〜


まだまだこんなに寒いのに、やすらぎ堤の雪柳はだいぶ春の準備が進んでいました。(分かりにくいけど写真がそれ)

毎年やすらぎ堤では、雪柳が一番乗りで可愛い真っ白な花を咲かせますから、準備も早いのね。

チューリップも芽を出し始めてたし、何で春がもうすぐだって、一斉にわかるのかな?(話しができたら聞いてみたい。)


明日(本日)のランチ会は、こじんまりとした会になります。
どうしても私の予定第一に日取りを決めるので、今回も参加したいけど予定が〜(T_T)という方が4名ほどいて申し訳なく思ってますm(__)m

と言いながら…
クーポンでみんなにデザートのサービスがあるそうですよ\(^O^)/


場所のロココにも行ってみたかったという方もいたので、また同じ場所でランチ会しましょうね(^O^)


参加のみなさん、楽しみましょうヾ(=^▽^=)ノ
by egaonotane | 2011-02-10 00:17

応援してね♪

c0208099_0261831.jpg

今日はなぜか左目のまぶたがぴくぴく動く〜

まっ、そんなことどうでもいいですね。


まだまだ先だと思っていた上映会も近くなりました。
チラシを置かせてもらいにあちらこちらを歩いてくれる人がいたり、知人に紹介してくれる人、ブログで紹介してくれる人もいて、みなさんの協力に感謝の気持ちで一杯です(^ε^)-☆Chu
本当にありがとう。

私の方は19日の打ち合わせの際に、お手伝いの方々に配る当日のスケジュール表や、役割分担表を作成中です。
といってもパソコンで枠を作ったりすることはできないので、下書きをしたものを、作成できる友達にお願いする予定になってます。
それが明日までの約束なので、昨日は息子とお話しタイムでできなかった分、今日は頑張りました(笑)

やっと次の作業に入れます。\(^O^)/


参加申し込みのメールやお電話でやり取りをさせて頂くと、ありがたいな〜と、その都度思います。

以前2回の上映会からすると、今の時期としては申し込みはありがたい状況となっています。

上映会を始めた当初からの考えですが、集客に必死になり本末転倒になることだけはしたくありません。
必要な方に必ず届くと信じています。

お客さまが多くても少なくても心を込めて開催させて頂きます♪


応援してね♪
by egaonotane | 2011-02-09 00:26 | 上映会

理解

c0208099_0262961.jpg

地デジ対応テレビが我が家に来たのに、訳ありで今までのテレビが1週間ほど廊下にでーんと鎮座してました( -_-)

先日の息子とのゴタゴタの結果でした。

やっと今日引き取りにきてもらいスッキリしました。\(^O^)/



先ほど見ていた、あるドラマの中で、「自分のことをまだ許せてないから、人も許せないんだよ」なんていう台詞がありました。


私の母は、自分が楽しむことに、家のことがあるから、猫の世話があるからと、何かと制限をかける人です。

父は真逆で、楽しむためには、1人でふらふらと出かけ遊んできます。

父が飲みに行くとか、出かけてくるというと、母は「まったく…好きだね。よくそんな気になるよ」と嫌味を言います。


以前私が実家に帰った際、父とカラオケに行った時もそうでした。
私としては、歌(演歌)が好きな母も楽しめばいいという思いで誘ったのに、そんな暇はないと、嫌味たらたら|(-_-)|


母が自分自身にかける制限のために、自分だけ…という思いがあり、だから人が自由に楽しむことを許せないのです。


今日は明後日までにやらなければならないことを、片付ける予定でいたのに、午後は、例の息子とのお話しタイムとなりました。

話しを聴いていると、私への批判、(多分同年代の)人への批判や見下し。


吐き出そうという気持ちはわかってあげたい。
色々あっただろうし、誰に不満を言えるわけではないのだから。
それはそれでOK。
否定する気持ちはないのです。


でも人を認められないような息子の気持ちの奥にあるものは、ドラマの台詞や、母のように、自分自身を縛り付けているものではないかと私には思えます。

それを息子に突き付ける必要はなく、私が息子を理解するための考え方の一つでしかありません。


全ては息子に必要な経験であり、自分自身で気付き、現状を切り替えていってくれることを、ただ見守ることしかできないのでした。
by egaonotane | 2011-02-08 00:26 | 不登校/引きこもり

寄り添うって?!

c0208099_132946.jpg

もし子どもに「ばか」、「死ね」、「大嫌いなんだよ」…なんて言われたら、どんな反応をしますか?


私の場合は過剰に反応してました。

「言っていい事と悪い事があるだろ」みたいにね。

特に「死ね」なんて言葉が出た時には大変です。


昨日の息子とこじれた経緯は話せば長くなるので、止めておきます。

そのこじれ途中で、「死ね」なんて言葉が出てきたわけです。

もちろん怒りましたが、息子と話しをしていくと、別の側面が見えてきました。
私が悪いと認識している言葉たちが、口から簡単に出てくる間は、心の深いところが表れているわけではないのだということ。(現すの方が近いかな?)

但し、そういった言葉が「もっと愛して」「もっと自分を見て」という表裏の関係であり、ある意味でとても深いところにあるものだとも言えると思います。


息子が言うには「もっと深いところの気持ちは、複雑で表現できない」ものなのだそうです。

口先で言うことのできる言葉はたいした意味などないのだとか。

なるほど( ̄ロ ̄;)

そうかも知れない。

上手く表現できない、心の深いところにあるものに、良い悪いの判断なしに、ただ共感していくことが、子どもの心に寄り添うということなのかも知れないと思ったのでした。


これまでも「子どもの心に寄り添う」ということを知識として勉強してきたつもりでいましたが、心というものは、まだまだ深いものなのでした。
by egaonotane | 2011-02-04 01:03 | 不登校/引きこもり