不登校・思春期の引きこもりのお子さんと毎日頑張るお母さんのためのHP「笑顔のたね」雑記です。HPも御覧下さい。


by egaonotane

<   2011年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

パンダちゃん♪

c0208099_2351398.jpg


ありがとうのたねとして福祉会館でのアロマ講座を開催させて頂いて1年ちょっと。

私も川上先生の教室でアロマアドバイザーの資格を取らせて頂きましたので、講座の中ではお手伝いをしながら、復習も兼ねいろいろと勉強させて頂いています。

先生のところでは、資格取得とは別に、ベーシックコースというものもあり、単発でも、どなたでも受講可能な、アロマを生活に活かせる講座も開講しています。

私もこちらを資格取得が終わってから、楽しみながら受けさせて頂いています。

しばらく上映会などで忙しかったため、今日は久しぶりに受講してきました。

すると今日は(写真の)スタンプカードを頂きましたよ♪


受講してスタンプがいっぱいになると、お楽しみの景品をもらえるのです。

先生の新しい企画です^^

パンダ大好きの先生らしく、パンダちゃんのはんこが!
とっても可愛いいのでした。

最近は先生の影響で私もパンダが気になる(笑)

スタンプカードも先生の手作りで、楽しそうにパンダちゃんはんこを押してくれている姿は、こちらまで楽しい気分に♪

ただ知識を教えてくれる先生はたくさんいるだろうけど、パンダちゃんはんこを楽しそうに押してくれる先生は、そうはいないでしょうね(笑)


やはり発信する人が楽しんでいることはとても大切。

私も今日はいい刺激を頂きました^^

そうそう、今日はリップクリームを作りました。

キラキラ光るグリッター、ほんのりピンクに色がつくクレイを入れて作れます。

とてもいい感じ♪
by egaonotane | 2011-04-28 23:51 | アロマ

観察するように

c0208099_1215629.jpg

先日もたねの時に、どなたかが言われてました。
「まず親が変わらなければいけないのよね。わかってるんだけど」と。

不登校、引きこもり関連の本にも、そのように書かれていますし、先生方もそのように言われてます。

私も自分の経験から、その大切さを実感しています。

不登校である状態を少しずつ冷静に見ることができるようになってきた方たちは、「親が変わる」ことの必要性を自ら感じていかれます。

最近私が思うことは、親の私が変わらなければと、頭では漠然とはわかっていたとしても、「私」→「変わる」に至るプロセスを見落としているが故に、「わかってるんだけど」という言葉が後に続いていくように思います。


たねを開催させて頂いていて、自分の人生を大切にして、楽しんでいこう♪と言っても、不登校になりはじめたお子さんを持つ方たちに、それを伝えても、心には伝わらないのです。
当然なことですよね。
何よりもお子さんのことが心配なのですから。

この壁のようなものは何だろう?
どうしたらいいのだろう?と回を重ねるほどに湧いてくる疑問でした。


その間にあるプロセスをすっ飛ばして、自分を変えて楽しんでいこう♪ということの方に無理があるのだと気が付きました。

現状の気付きという点では、「変えなきゃ」と気付けたことは素晴らしい\(^O^)/

でも「変えなきゃ」だけでは、そんなに簡単に変わるはずがない。


息子が過去のことも含めて、私をやたらと責めてくる時期がありました。

それは私の中にある、息子に対する罪悪感を顕著に見せてくれるものだったのです。

自分が自分をどう思っているかということは、とても大切で、人間関係等に現れてきます。

自分を否定ばかりしていれば、まわりから否定ばかりされるような人間関係となります。

私の例から言えば、息子に罪悪感を感じているんだと自分が自分の感情を観察をするように、ただわかってあげることで、自分自身の変化となってきたと思います。

そこにいい悪いのジャッジは存在しませんから、ただ感じるだけなのです。

よく「手放す」などと表現します。
手放すとは、自分の中にあるものを認識してわかってあげるという本当は単純な作業なのかも知れません。理解というより、もっと軽い意味合いのように思います。

最近あった自分の経験から私はそう感じています。


子どもとの毎日の中で、自分の中にあるものが表面化した時に、見たくない部分も、自分の一部としてわかってあげる。
その繰り返しが自分を変えてくれるものだと思います。

それが「私」→「変わる」の「→」の部分で起こっていることです。
プロセスの部分です。
そのプロセスの部分で気付いたことを、どれだけ腑に落としているかもポイントです(^O^)/

「変えなきゃ」ではなくプロセスの部分を大切にすれば、自然に変わっていくものではないでしょうか。


あくまでも私が自分の経験上感じてきたことなので、本当かどうかはわかりません(;^_^A
by egaonotane | 2011-04-27 01:21 | 不登校/引きこもり
たねに参加してくれているのりこさんが繋げてくれたご縁で、私もお世話になります、秋山峰男さんは全国各地をまわる中で、ピュアな故に社会に馴染めない子どもたち(不登校・うつ・ひきこもり)にたくさん出逢われたそうです。


今回は北海道、十勝の大地と宇宙に委ね、サポーターとなり多くの子どもたちの蘇りを図り、社会に送り出してこそ人類が変われるのではないかと思い、このアースエンジェルプロジェクトを発足されました。

私がこのプロジェクトの素晴らしいと思うところは、子どもたちのサポートとはいえ、現地のスタッフのみなさんも同じようにお金を払い、同じように参加し、北海道という素晴らしい場所に住みながらも忘れつつある、その素晴らしい場所の有難さを再確認できるように、どちらか一方の支援というものではなく、みなで分かちあうという趣旨であるということです。

そしてとにかく発起人である秋山先生がとても温かくて面白く、何より可愛くて(笑)、私は大好きですし、とても尊敬もしていますので、もし何かを変えたいというお子さんがいたら、いろいろな人がいて、道はひとつではないのだということを伝えてあげてください。


息子にも伝えてあります。
参加するかしないかは息子自身が決めますが、今のところ絶対参加しないそうです(笑)
でも秋山先生の描かれた絵を見せたら興味を示していました。

今を変えたいのなら、何か見つけるものがあるのではないかと、私としては参加できるものならして欲しいです。
期待せず、求めず成るように任せます^^

秋山先生と新潟でも開催しましょう♪というお話になりました。
すぐのことではありませんので、まず北海道の大地でいかがでしょうか。

ぜひたくさんの方に伝えてくださいとのことなので、みなさんにもお知らせさせて頂きました。

興味のある方は詳細をお送りしますので(ファックス・郵便)廣澤までご連絡下さい。

ついでに…
新潟で開催させて頂くのに、共に協力して下さる方を募集します♪




第1回アースエンジェルプロジェクト
『2011  分かち 祭りキャンプ』

日程:5月27日(金)~6月6日(月)

場所:北海道河東郡上士幌町(旧豊岡小学校)

参加費振込み期日:5月9日


〇5月27日(金)14:00までに現地集合です

〇6月6日(月)最終日 11:00現地解散です。

〇とかち帯広空港、JR帯広駅から現地までの往路・復路、スタッフの送迎があります。
 ご利用の際はお問い合わせ下さい。


〈キャンプ期間中の費用〉

●食費 1食500円×29食=14500円

●光熱費 (家賃・灯油・ガス・水道・電気・薪など)

     1日600円×10日=6000円

●移動交通費(ガソリン代)=5000円

●バンガロー代=1000円

●植樹用の木・野菜・花の苗=2000円

●期間中の損害保険料=1200円


合計29700円

*入浴 町内の温泉を利用します。
    1回大人380円~500円程度
    入浴料は上記に含まれていません。その都度各自ご負担下さい。



〈主なスケジュール〉

●マイはし作り

●畑作り 畑を起こす作業から、野菜や花を植えるまで全て自分達でやります。

●牧場で搾乳体験

●炭窯訪問

●山菜採り&手作り山菜料理

●森を作ろう!!(植樹)

●キャンプファイヤー&野外コンサート

*天候や参加者の希望により、内容が変更になる事があります。



秋山峰男さんプロフィール

1943年8月16日 山梨県韮崎市生まれ
幼少の頃から絵に親しみ、暇さえあれば筆を持っていた。
30歳で家具、インテリア会社を設立。3年目にビジネスの駆け引きに疑問を抱き会社閉鎖を考えるが、家庭を維持するために会社経営を継続。
その後、会社は成長を続け従業員80人規模の企業に拡大する。

当時からの日課はマラソン。
夜明けとともに走り始め、日の出を全身に浴びて走り終えることを20年以上続けている。

1998年ヒーリングルーム開設の仕事を受注。
そのオープニングのイベントでヒーリングアーティストの出席がキャンセルになり主催者からヒーリングアートを描いてみないかと誘われ席に着くことに。

思いつくままに描いた絵がオレンジシャワー。
その絵が会場に居合わせた人たちに癒しのパワーがあると評された。


今から思い返すと「オレンジシャワー」は早朝に走り続けて浴びてきた日の出の輝きとパワーを描いてきたと気づくことになる。


「オレンジシャワー」をきっかけに各地に呼ばれるようになったが、会社経営との両立が困難で、ビジネスとスピリチュアルの狭間で2年間思い悩むことになる。
2000年を境にヒーリングアートで人々を癒すことに生活の重心が移っていくが家族の理解が得られずに家を出ることになる。

2001年に会社を清算。全財産を家族に残し、清算に生じた負債を背負いヒーリングアートを描く旅に出ることになった。

年間300日間、乞われるがままに各地に赴きヒーリングアートを書き続ける旅を続けている。


行く先々で人々の魂や神社仏閣のエネルギーを描き、コンサートで様々なミュージシャンとコラボレーションを行っている。
旅を続けること2100日、7000人を越える人々の魂を描いて、現在その活動は日本国内にとどまらず、アメリカ セドナ、マウントシャスタアシュランド、ハワイ、バリ島にも拡がっている。


c0208099_23481043.jpg

c0208099_23545179.jpg


先生の新作だそうです。
ゲルボールペンで描く点描画ですが、「本当に点だけで描いているのか?!」と息子は興味を持ったようでした。(だからといって参加するわけではないけどさ)
by egaonotane | 2011-04-26 00:06 | 不登校/引きこもり

笑顔のたねまき31

c0208099_1425511.jpg

今回のたねは、とても特徴のあるたねでした。

何かと言えば、初参加の方がとても積極的に、みなさんに質問をされていたということです。

みなさんの経験、考え方は勿論のこと、それぞれの持つ情報が生かされていきました。

自分が積極的に働きかければ、その分はちゃんと返ってくるといった感じでしょうか。

これから参加される方も、遠慮はせず、たねの場をこんな形で活用されるのもいいかと思います。

ご縁を活かすのも、自分自身なのです。
勉強になりました。



いつも参加してくれているTさんの息子さんが、ある出来事で自信を持つようないい経験をされた話を聴いて、みんなとても温かい気持ちにさせてもらいました。
本当に心から良かったと思います。


そしてそれを一緒に喜ぶ、みんなの様子を見て、なおさら嬉しく思いました。


悲しみだけでなく、喜びも分かち合えるようなみんなに出会えて、本当に幸せだな〜って思いますヾ(=^▽^=)ノ


今日のたねに参加されたみなさん、ありがとうございました。


来月は平日のたねは、ランチ会になり、土曜のたねのみになります♪


12日のランチ会でお会いしましょう(^-^)
ランチ会の詳細は後日お知らせしますね。
by egaonotane | 2011-04-24 01:42

豊かな彩り

                 午前の講座
c0208099_0255534.jpg

c0208099_0255564.jpg

                 午後の講座
c0208099_0255581.jpg


今日のアロマ講座から、午前の部と午後の部の一日2回の講座になりました。

今回は午前の方が参加される方が多かったですが、その時により予定があれば、どちらかを選択できるのは参加しやすくなるようで、次回5月講座はすでに今日予約されていった方たちもいて、人数は半々になっています。

次回はリラックス、リフレッシュ、ダイエット、除菌、虫除けなど、目的に合わせ、好きな香りでブレンドしたアロマコロンを作ります♪
ルームスプレーとしても使える便利なコロンです。

すでに午前も午後も各定員の半分はご予約を頂いています。
参加申し込みはお早めにどうぞ♪


今日の講座の内容はストレスケアアロマでした。

どこでも使えるボディ用オイルか入浴剤のうち、お好きな方を選んでいただいて作りました。

午後に参加の方は初参加の方が多かったので、少し緊張されていました。

でも帰られる際、とてもいい表情を見せて頂けて、私もとても嬉しかったです。


以前息子は鼻炎アレルギー用に、毎日寝る時にはディフューザーで鼻炎を和らげる精油を香らせていました。

私のちょっとしたたある態度から、ぴたりとやらなくなりました。

最近眠れないと言った時にもアロマを勧めたのですが、私への反発心か?使用しようとはしませんでした。

ところが最近眠れるようなアロマはないのか?と聞いてたので、手持ちのもので用意をしてあげました。

やはり良さというか、ちゃんと自分なりの効果を感じるようで、また使い始めました。


アロマは香りだけを愉しむものではなく、そこに含まれる成分の働きで、息子のように鼻炎や不眠に、また今日の講座のようにストレスケアにと、まだまだその他たくさんの用途に役立ってくれます。

そういえば私がアロマテラピーを勉強したきっかけは、息子のためでした。
今は息子のためというより、自分の日々の生活に豊かな彩りを与えてもらって感謝です。

こうしてアロマを好きになれたのも、いい先生に巡り逢えたお陰だと思います。


みなさん今日はありがとうござました!


次回の講座でお会いしましょうね~♪
by egaonotane | 2011-04-22 00:25 | アロマ

希望

c0208099_0534660.jpg

昨日は「コミュ二ケーションをとることが苦手だから、どうしたらいい?」と初めて息子の口から聞きました。

「苦手だろうから」と私から多少触れることは今までにあります。

それに対し「そんなことはないよ。ちゃんと今だってお母さんとコミュニケーションをとって話しをしているじゃない」と言うと、「それは馴れているから」と息子。


息子の言葉の「慣れる」ということが一番のポイントなのではないかと、息子にも問いかけました。

私(母)には当然のことですが、馴れているから普通に話しているわけです。

コミュニケーションをとることが苦手だと、私も小さい頃から息子を見ていて、そう決めつけていたところがあります。
でも全ての場面でではありません。
楽しく友達と遊んでいる頃もありました。


本当にそうなんだろうか?
今回息子と話していて思いました。
私が決め付け、本人も思い込んでいたことに過ぎないのかも。


たねでお世話になる社会福祉士さんが、本当にコミュニケーションをとることができない人なんていないと考えていると言われてました。

コミュニケーションの取り方が、今多数派の取り方と何か違えば、苦手となるわけで、苦手と言われる少数派が今主流なら、苦手とは言わないわけで、何が正しいというものではないわけですものね。

確かそんなことを言われていて、なるほどな〜と思いました。


息子のことに話は戻りますが、息子が自分のこれからへの不安への対処や、現実的な将来のためにも、今何ができるか?と考えた時、まず人と接することに慣れ、道程は長く感じますが、自分に小さな自信でもつけていくことが、どんなことよりも先決なのだという結論になりました。

息子を見ていると、小さな一歩を飛ばして、いきなり上へ行こうとしているのを感じます。

苦しい思いをしているのは本人ですから、不安や焦りを感じることは当然ではあります。

今までも、スキルを学んだり、支援の手はあるのだと、息子にも何度となく言ったことはありますが、受け入れることはありませんでした。

今回は少し?自分でも気付いたのではないかと思います。

馴れているから私とコミュニケーションをとれている事実です。

故に、慣れさえすればコミュニケーションを取れるのだという希望です。


こうして時間はかかりますが、やはり本人が気付いたことでしか現状を変えていくことはできないのですね。

息子が自分の中にある問題だと思うことに自分自身で焦点を当てたことに、大きな意味があると思っています。

本人が、いつまでも見たくないところに目を背けていては、周りが何を言っても、変えようとしても変えることなんてできません。


気付き始めた今がチャンス(^^)v
さてこれからです。
と思ったら、あれ?という今日のどちらでもいい発言( ̄ロ ̄;)

一歩進んで、たくさん下がる(笑)
by egaonotane | 2011-04-21 00:53

過程

c0208099_02157100.jpg

c0208099_0215726.jpg

           あと少し
c0208099_0215727.jpg

c0208099_0215787.jpg

           やっと咲いたね
c0208099_0215760.jpg


今日は朝から雨降り。

午前中から久々に息子との話し合い。

(朝食も食べそびれ、くろちゃんのお散歩もまだなんですけど~)

結局終了したのは午後2時近く。

前半はお互い譲らず(私がか?)怒鳴り合いの場面もありましたが、今日は息子の話しからなるほど…と思う発見がありました。

息子と話しをしていると、私のちょっとした口調、態度から、その時私がイラっときているような細かな心の動きを察知します。

私の口から出る言葉も先周りして感じています。
私が単純でいつも同じことしか言わないということもありますけどね~。
今日もそんな場面が何度もありました。


昨日の雑記にも「あいまいさ」という言葉を使いました。

息子曰く、「日本語というのはとてもあいまいな言い回しが多い。」

だから困るのだそう。

自分の言葉に対する、相手の感じ方や反応、言いそうなことがわかるだけに、自分の気持ちを、微妙であいまいな言葉を使って、どう表現したらいいのかがわからないのだそうです。

息子の話しからすると、そんなことで陰で悪口を言われたこともあったようなニュアンスでした。

相手のことも考えながら、その時の自分の気持ちに合う言葉を考えていると、言葉が出てこなくなると言っていました。

なるほど。

そういえばそんな息子の友達との場面を目にしたことがありました。

日本語のあいまいさは、私はとても良いと思うところですし、難なく使用していると思います。

ただそれは話しをする時で、メールをする時にはこの表現のほうが柔らかいかなとか、相手を嫌な気持ちにさせないかな…みたいに簡潔にすっきり表現できない場面は多々あります。

例えば「私もそれでいいとは思う」・「私はそれでいいと思う」のようなこと。
微妙なニュアンスを考えていると、メールの文を作るのがとても面倒になります。

そのようなことがコミュ二ケーションをとる上で、自分の中の難点であるとしたら、確かに辛いだろうな。

息子だけではなく、コミュニケーションが苦手だというようなお子さんにも、同じようなことがもしかしたらあるのではないかと思いました。

初めて知った事実に、息子や、同じ思いをもしかしたらしているお子さんたちの生き辛さが、胸に迫ってきて、その話しを聴きながら泣けました。


みんな本当に違うのです。

今は息子にとって、そこが辛いところかもしれませんが、いつかその難点だと思うところを生かせばいいのです。

そこにこそ、本当の意味で息子の生きる目的があるかもしれません。

早急に結果を求める方はいます。
私はたねを主催させて頂いていますが、息子はどんな風に変化しているのか?とか、現状は?ということを知りたい方もいるようです。

親からすれば結果が何よりかもしれません。
でも結果ではないのです。

そこに至る過程での経験が大切であり、その子のプロセスというものを信頼していくことが必要だと、私は思っています。

くじけそうな時もあるけどね~(笑)


つづく^^
by egaonotane | 2011-04-20 00:21 | 不登校/引きこもり
c0208099_0245852.jpg


深田さんの講演会のお知らせです♪


言葉に言霊があるように、数にも数霊というものがあるのだそうです。

数字や計算…私にとって、とても苦手なものです(笑)

でもこの深田さんのお話は、数の中に秘められた深いお話をして下さるし、決して堅苦しいものではなく、笑いが絶えません。

そしてその笑いの中に、ついつい忘れがちな感謝の気持ちというものを、呼び起こしてくれるような時間を提供してくれます。

少しマニアックなお話も飛び出すかも知れませんけど(笑)


わかりやすいところで少しだけ…

「米」=コメ

言葉と数字を対応させた表があります。

コ=7 メ=34

7+34=41

41は物理的な中心を表すだけではなく「主たるもの」を表す数霊です。

私達日本人の主食であるお米ってやはりとても大切なんですね。

「へそ」も41となり中心です。


日本語ってすごい!

このような例を挙げながら、いろいろな面白く、ためになるお話をしてくれます♪


日本の風土の中に「あいまいさ」という独自の文化があるように「数霊」もあいまいなものと言われています。
数霊学と学問として体系化してしまうと「学主人従」になり、それが過ぎると人の可能性を狭めてしまうからだそうです。

こんな考え方も私はとても好きです。

私は昨年3月と5月に東京と埼玉で開催された講演会に参加してきました。
いつか新潟で開催させて頂けたら…と思っていました。

開催する!と名乗りを上げてくれたみなさんに感謝です^^
今この大切な時期に、たくさんの方にお伝えできるよう微力ながらお手伝いさせて頂きます。

みなさんのご参加をお待ちしております♪
また興味のありそうな方がいたら、お伝えしてして頂けたらとてもありがたいです。



深田さんの著書より

「まず人があり、数霊から何を学び取るかが大切なことで、より自分らしさを発揮するための手段であり、その目的は、無機質でありそうな数でさえ大自然の知恵の中で育まれたものであることを知り、人々がそこから絶大なる神の意志を感じ取ることであります。

そして人々が喜びを持って玉し霊を活かしきっていく。
そこへ導くためのものあります。
大いなる手段であります。」 


深田さんについて
 
名古屋在住の整体師。宮司としての血を受け継いだため、日本古来の精神文化の尊さを徒党を組まずに説いている。


以下詳細です。

数霊の深田剛史氏講演会  

日時   2011年7月3日(日)午後12時半~4時(開場は30分前)

会場   ほんぽーと新潟市立中央図書館3階              
          新潟市中央区明石2‐1‐10 ☎025-246-7700 新潟駅から徒歩10分です。

持ち物    10桁以上の計算機と筆記用具をご持参ください。

参加費    前売り3000円(当日3500円) 

懇親会    講演会終了後、深田先生を囲んでの懇親会を予定しております。
         別途、懇親会費用が必要。ご希望の方は6月25日までにお申し込みください。

主 催     にいがた七福の会  

        申し込みは廣澤でOK          

       

   ☆ほんぽーと(新潟市立中央図書館)について
             ※会場にも駐車場はあります(有料)が、込み合います。 
             ※会場の近くにも、駐車場が数カ所あります。  
             ※新潟駅から徒歩10分なので、できれば公共機関のご利用をお勧めします。


          ☆深田剛史氏の著書      
        ☆「数霊」(たま出版)                     
        ☆「日之本開闢」(今日の話題社)  
        ☆「臨界点」 (今日の話題社)  
        ☆「天地大神祭」(今日の話題社)            
        ☆「弥栄三次元」(今日の話題社)  
        ☆「ヱビス開国」(今日の話題社)       
        ☆はせくらみゆきさんとの共著
         「数霊に秘められた宇宙の叡智」(徳間書店5次元文庫)



 先生の本には、数字の神秘や、面白さだけではなく、自分の岩戸開きをしようという事や、
 感謝して≪嬉し楽し≫でいる事など、こんな時だからこその、大切なことが、いっぱい書かれています。

 2011年は、「一歩踏み出す年」だそうです。

  深田先生の講演はすごく面白いと全国で評判です。

 「数霊ってなに?」という方でも、新しい発見と感動でお楽しみ頂けると思いますので、
 ぜひ多数の皆様のご参加を、心より、お待ちしております。
by egaonotane | 2011-04-19 00:24 | イベント情報

ところで

c0208099_0301477.jpg


昨日は中途半端な内容で失礼しました。

あらためまして、たねに参加して頂いたみなさんありがとうございました!

あっという間に時間は過ぎてしまうので、みなさんご自分の話をまだまだ話し足りていない方もいるかと思いますが、ぜひ次回もご参加下さいませ^^

世間一般の常識や価値感からすれば、私たちのこどもたちはどこか違うのかも知れません。

でもお話を聴かせて頂いていると、すごく自分というものを持っているな~と感心させられたり、その繊細さは大事に育っていって欲しいな~と思ったりします。

果たして何が正しいのか、普通なのか、なんて考えること自体無意味なことに思えてきます。
そう言いながらも自分自身のことだって、そんなことに振り回されているわけですが。


新学期も始まり、新しい始まりに緊張や不安はつきものです。
家の中だけは、心落ち着ける場所にしてあげたいものですね。




ところで…話題は変わり

もうずっと前、こちらの雑記で少し触れた「深田剛史」さんの講演会が、ついに7月に新潟でも開催されることになりました。

私もいつかと温めていた企画ですが、先に開催を決めた方たちがいて、不思議なご縁で繋がり、一緒にお手伝いさせて頂くことになりました。

少しマニアックと言えばマニアックなので(笑)まさかそんな方たちがいるとはと驚きもありました。
深田さんのHPを最近拝見していたら、7月に新潟で開催とあったので、どんな方たちが開催されるのだろうと思っていました。

お名前はわからないし、話したこともなかったのですが、いろんなところで会う方がいて、何かご縁があるのかもと思っていたら、実はその方がそうでした。

この雑記に書いていた時期や、私一人での開催は難しいことだったと思います。
ちゃんとなるようになるのだなと感謝の気持ちでいっぱいです。

新潟に福がたくさん降りてくるようにと「新潟七福の会」として発足されたそうですが、七福なのに6人だったので、ちょうど私も入れて頂いて七福になるそうで、なんだか私もワクワクしてきます。
どこまでお手伝いできるかはわかりませんが、楽しんでいきます!

詳細は後ほどお知らせします♪

不登校やひきこもりに関するような講演会ではありませんので、興味のある方だけどうぞ(笑)
by egaonotane | 2011-04-16 00:30

笑顔のたねまき30

c0208099_0185250.jpg

「笑顔のたね」も今日で30回目となりました。

その間、ランチ会やセミナー等もあって、みなさんのお陰で楽しくやってこれました(^-^)

本当にありがとうm(__)m


あ〜さっきから居眠りこいて、携帯を何度も落っこどしていて、先に進めませ〜ん(T_T)

今日はごめんなさい、寝ます(-_-)zz
by egaonotane | 2011-04-15 00:18