不登校・思春期の引きこもりのお子さんと毎日頑張るお母さんのためのHP「笑顔のたね」雑記です。HPも御覧下さい。


by egaonotane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2012年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

間伐養成講座のご案内

c0208099_21254166.jpg



今日はご案内の「皮むき間伐養成講座」の会場となる五泉市の材木店マルユーさんの所有される山を皆で見学させて頂きました。

当然のことながら道なき山の中です。

シダ類が生い茂り、足場の悪さから作業が容易なことではないことは想像できます。

間伐をして無責任なしっぱなしにならないよう、その後の木の生かし方を真剣に考えて、取り組んでいかなければならないのだということを考えさせられました。


大変そう…と思わせてしまう前振りになりましたが(笑)

興味のある方はぜひご参加ください。





【皮むき間伐(きらめ樹)養成講座ご案内 】

◎日本は、国土の70%が森林という世界第2位の森林大国ですが、ほとんど手入れや活用がされてないために暗い森が多く、山が弱って土砂崩れが頻繁に起きたりしています。

◎間伐をすれば日光が入って山の状態が良くなるのですが、採算が合わないために放置されているのが現状です。

◎しかし、木の皮むきをして、立ち枯れさせるという皮むき間伐は女性や子どもにも参加でき、コストも安いため、画期的な方法として少しずつ全国に広まりつつあります。

◎にいがた七福の会では、この皮むき間伐に取り組み、新潟に普及させたいと願って、昨年末より間伐をさせて頂ける山主さんを探して参りましたが、この度、五泉市の材木店(株)マルユーさんの御厚意により、所有されている山をお借りして《皮むき間伐養成講座》をさせて頂けることとなりました。

◎NPO法人「森の蘇り」の大西理事長を富士宮よりお迎えして、実際に山に入り、皮むき間伐の実践方法について学びます。
養成講座は二日間ですが、どちらか一日だけの参加も可能です。     

☆日時 
6月18日(月)~19(火)※雨天決行

9時30分~9時50分受付

☆会場   
(株)マルユー 
新潟県五泉市上大蒲原1530

(0250)58-8688

☆内容
◎6月18日(月) 
10時~12時→森林について(日本の森、世界の森)の講義

1時~5時→山に入って皮むき間伐の準備(森の健康診断と間伐の進め方)

◎6月19日(火) 
10時~12時→杉についての講義(木使いの実情と可能性)
1時~4時→皮むき間伐の実践

☆参加費(当日徴収)    
\6000(二日間通しての参加)

\3500(一日だけの参加)

☆持ち物  
軍手、長靴・運動靴など動きやすい靴、汚れてもいい服装(長袖長ズボン)、雨具(カッパなど)、帽子、タオル、保険証、筆記用具、昼食、飲み物、

☆希望者はお弁当を注文できます。
(400円くらい)

☆申し込み先  
保険加入の関係上、
①お名前 
②生年月日 
③住所 
④連絡のつく電話番号を添えて、
6月8日(土)までにお申し込みください。定員(30名)になり次第しめきります。

※弁当が必要な方は要申し込み

[にいがた七福の会] 稲田照子
090ー8018ー1060
井野口敏子 
090ー9007ー4233
もしくは、ご存知の七福メンバーまで、お申し込みください。

◎こちらでも申し込みを受け付けます。→ ino_amnoskamikaze@ybb.ne.jp

以上です。
by egaonotane | 2012-05-29 20:17

6月の

c0208099_0134556.jpg


もうすぐ6月。

紫陽花の蕾が先週より成長していました。


c0208099_016877.jpg


真っ赤な薔薇が目に鮮やかでした。


6月は目に映るものみな、みずみずしい感じがします。

特に雨上がりのあとは格別です。

紫陽花も薔薇も喜んでいるようでした。



今日の出来事。

黒い柴犬くんが、自転車に乗ったお父さんと、一心不乱といった感じで、歩く私の横を走り抜けていきました。

狼を連想させる野生の犬、犬の本能というものを垣間見た気がしました。

ただのお散歩中に過ぎないのだけど「おぅ!カッコイイじゃないか、柴くんっ!」と見惚れてしまったよ。

くろちゃんはあんな目をして走らない。
限りなく人間の目付きに近い表情をしてるし(笑)

悪さをする時、とぼける時、頬擦りされて満足気な恍惚とした表情をする時なんて、こいつは絶対人間だと思うことしばしば。

もともと持ったDNAの違いなのか、育った環境によるものなのかは知りませんけどねf(^_^)

親バカ話をしたところで…


今日は6月のアロマ講座のお知らせです♪


夏も美肌をつくるパック作りをご提案します。
香りを楽しみながらたのしくスキンケアができます。

普段パックをする習慣のない方も、これを試すと病みつきに!


昨年も好評でした~

-----------------------------
 ◆日時:2012年6月14日(木) 
   AM10:30~11:30
   PM1:30~2:30  (午前午後ともに同内容です)
  15分前から受付します。できれば5分前までにご着席ください。

 ◆会場:総合福祉会館 410講座室(4F)
    (新潟市中央区八千代1丁目3-1)
     万代シティバスセンターより徒歩約5分 
     駐車場には限りがありますので近隣P(有料)もご利用ください                                    
 ◆参加費:1000円
 ◆定員:各8名 (定員になり次第締め切らせていただきます)
 
 ◆講座内容: 「お肌つるつるパック作り」
        ハーブティー付♪

◆講師: 川上 裕子
-----------------------------




アロマテラピーが初めての方でも簡単に作れますのでぜひご参加ください。

また、10代~70代(もしくはそれ以上)まで年代問わず参加してくださっています。
大丈夫かな?と思う方もぜひ!
by egaonotane | 2012-05-29 00:27 | アロマ

笑顔のたねまき48

c0208099_22255430.jpg


「たねに皆集まってるけど、どうした? 何かあった?」

とメールをもらい、現状を把握するまで数秒。

頭の回路がつながり、今日、今この時間は、たねの開催時間だということ、そして私はその場にいない…と把握しました。

息子に頼まれたものを買いに、幸いにも近くにいたので、大慌てで自転車を飛ばし、みなさんの待つ会場へ向かいました。

たねを開催して46回。
ランチ会等を含めたらそれ以上。

どんなに大ボケな私でもそれだけは今までなかったのに(ToT)


みなさん、この休日にわざわざ時間を作り参加してくれているのに、とんでもない失態で本当に申し訳ありませんでした。

ひとつに、今月は16日の特たねを開催したことで、月2回のたねを既にこなしているとう思い込みがありました。

さらに、この2週間予定が詰まっていて、昨日金曜日で忙しいウィークは終わった(/--)/と、一足早いゆるゆるモードに入ってしまっていたのでした。

頼りない頭なので、いつもなら前日に翌日の予定確認を必ずするのですが、昨日に限って手帳はバックの中に入れたまま寝てしまいました。


私の頭に限って…なんてことはないので、確認を怠るとこんな結末があるのだと肝に銘じます。


みなさん大人なので、部屋の鍵を開け、いつものように話を始めてくれていました。

大ボケの私を優しく迎え入れてくれました(T_T)


以後気をつけますm(__)m



今日のたねから


子どもが何らかの理由で不登校になった時点でのお母さんたちの気持ちの揺れ動き具合は、ほぼみなさん同じであるように思います。(スタート時は同じ)


私自身と、今まで参加して下さったみなさんを重ね合わせてみても同じです。


歩きながら幾度となくつまずき、自ら起き上がり、時には誰かの言葉に耳を傾けながら前に歩くしかないから歩みを進めます。

自分を強く保たざるを得ないのです。

次第にゴールすることが最終目的ではなく、その過程にこそ、自分を豊かにしていく術が詰まっているのだと気づいていきます。(それは子どもに必ず循環していきます)

そうすると、必然的に余計なものは重たくて要らなくなってくるのです。

世間体、常識、様々な影響を受け培ってきた価値観とでもいいましょうか。


スタート時には同じ状態でも、一つ一つの事柄を一足先に経験した人は、どんな時にどんなことが起こるのか、またその対処方を学んでいます。


ですからそれぞれの経験と気づきを、互いに自分の気づきのために活用していきましょう。

同じ立場ゆえ、みなの気持ちは十分理解できても、その人の代わりに気づいてあげることはできないわけで、あくまでも自分で気づいたことでしか、人は変われないのです。




つらいものはつらい

憎いものは憎い

苦しいものは苦しい


ひとつも悪い感情などないのだと、私は教わりました。


自分の気持ちを見ないふりをせず、客観的に自分はどう感じているのかを見つめて、自分自身がわかってあげることが大切です。

無理にポジティブに気持ちをリセットしようとするのは、本当の意味でのポジティブではありません。

自分の気持ちに耳を傾け、わかってあげることがポジティブな気持ちのリセット方法だと思います。



みなさん溜め込まないようにね。(私もさ)

次回は6月6日(水)を予定しております♪
by egaonotane | 2012-05-27 00:53 | 笑顔のたねまき

綿毛

c0208099_185768.jpg


毎年のことながらタンポポの綿毛を見ると「なんてよくできているんだろう」思うのです。

誰かが完璧な設計図を作ったのか、もしくは偶然にできたものなのかはわからないけれど。


意図されたものであれ、偶然の産物であれ、それを受けとる側がそこから何を感じるのか。

綿毛のフォルムの完璧さに驚嘆するかも知れないし、ひと吹きに綿毛を飛ばすことを楽しむかしれない。

又は全く興味も湧かないことだってある。


何に重きを置くのか、置かれるのか。


完璧なものであっても、完璧ではない瞬間もあり得る。

完璧ではないものも、完璧な瞬間もあり得る。


そうやって全てのもののバランスが取られている。


多分今いる現実はそんな感じでできているのではないかと、ずっと考えていると頭がこんがらがりそうなことが朝の散歩中に浮かんできたのでした(笑)
by egaonotane | 2012-05-26 01:21 | つぶやき

おわび

c0208099_2330359.jpg


この雑記の更新、コメント頂いたものへの返信は、大体が夜寝る前です。

全てを終え、一番集中できる時間なのです。

正確に言えば、集中か意識が遠退くかの二者択一の状態なのですけどね(笑)

更新のない日は、何にも浮かばないか、後者の日がほとんどです。



ところで昨日コメントをせっかく頂いたのに、間延びした文配置に中途半端な内容の返信になり申し訳なく思っています。

スマホからの投稿等は、とても便利なのですが、私が使いこなしていないのか、コメント返信する際がとてもやりにくいのです。

昨日のシガさんへの返信も、あんなに中途半端なのに、実は一時間近くかかっているのです。


文字を打つと反応が遅く、非常に小さな枠の中で、自分の意思とは全く違う動作を繰り返し、やり直しで、特に昨日は全く思うようにならず、何度声をあげたことか(笑)


投稿するには全く問題はないのですけど…


昨日に限らず、スマホに替えてからはコメント返信に苦労していました。


パソコンでやれ!という話ですよね。

昨日のことで懲りました。

次回からはパソコンから返信するようにします(-.-)


おまけ

c0208099_022393.jpg

宇宙人は花になりました。
by egaonotane | 2012-05-23 23:30 | コメント

心が楽になりますように

c0208099_1315870.jpg


青陵大学で発達障がいの講座があったので、参加してきました。

講師は増澤先生という、山元加津子さんの講演会に参加して頂いたご縁のある方です。

かっこちゃんが大好きで、お話し広報大使もされています。

なのでどんな視点から発達障がいを捉えてお話しされるのか興味もあり参加したのでした。


本にしても、他の講演にしても、難しい学術的なことは述べられていても、う~ん…わかってないよ!と思うことがあります。

今日の講演は、私がもう何年もの間に息子との生活の中で気付いたこと、学んだこと等が、先生の考え方の核となった、とても受け入れやすいものでした。

心で目に見えない部分もよく理解されているのだと思います。

こういう先生は貴重です。

さすがかっこちゃん好き(笑)


先生のお話しで、時間空間ドームという図解を使ってお話しされていました。

子どもが混乱状態にある時、周囲は関わろとするあまり、隣にある自分のドームのフロントグラスにひっつき状態になって、子どもに干渉したりするため、互いに混乱状態に陥ります。


そんな時は、自分の中心にいるよう心がけることが大事だと言われていました。

それには自分の身体の感覚、湧いてくる感情に耳を傾けること。

それを手掛かりに子どもの状態を推測することができ、自分の感じを伝えることが、子どもの気持ちに結びつくことがあるということでした。


最近のたねの始めに自分の今感じている気持ちや状態を話して下さいと言っていますが、たねという場を使ってそんなところから始めて下さいね。



講演の後、当事者の方々のお話しもありました。

前に座っている当事者のおひとりの速く、鋭い目の動きに、私としては意識が向いていました。

他者と視線を合わせられないと、自閉症の特徴として言われるところですが、合わせられないというよりも、素早い目の動きで他者を観察しているため、周囲が気付かないだけなのだと、何かの本で読んだことがあります。

その方もそうなのかと思っていましたが、お話しによると、記憶できないなどのいくつかある障がいのうち、人の顔が認識できないということでした。


客席側に座る私たち大勢の顔は、目の部分のみの認識、又はのっぺらぼうのような顔としてしか認識できないのだそうです。

人と対面する時は睨み付けるよう鋭い目つきになってしまうそうで、私が始めから気になっていたことの理由がわかりました。

詳しくは語りませんでしたが、母親からの虐待を受けて壮絶な子ども時代を過ごしてきたようです。

この方の場合は、家にいるより学校にいる方が安全だったので、不登校、引きこもりにはならなかったそうです。


発達障がいのみなさん、見た目には何ら障害と名のつくことが想像できません。

五体不満足の著者である乙武洋匡さんは、「障害は不便であるが、不幸ではない」と言われていますが、その当事者のおひとりに言わせれば、乙武さんの言葉を引用しつつ述べるならば、「発達障害は不便であり、不幸である。しかしそれは罪でも恥でもない」と言いたいと話されていました。


表現は不適切かもしれませんが、目に見えてわかるものと、わからないものの、周囲の受け入れ方の違いを表していると思います。


この方のお話しは、とても胸に迫るものがありました。

ただひとつ言わせてもらうなら、虐待という経験のせいでしょうが、人生、生きることか「戦い」と捉えて生きてきたし、未だにそのように捉えて生きているようでした。

少しでも心が楽になることを願っています。


今日はたねのみなさんも数名参加されていました。

機会があれば、みなでシェアしていきたいですね。
by egaonotane | 2012-05-21 01:40 | 不登校/引きこもり

心地よい毎日を♪

c0208099_225639.jpg


昨日のアロマ講座の内容は「ボディひきしめアロマ」

参加してくださったみなさん、川上先生、ありがとうございました。


10㎏痩せよう!と思っても、香りを嗅ぐだけでは痩せることはありません。

そのかわりに香りで代謝アップはできるそうです。


自律神経のバランスが良くないと痩せにくく、その自律神経に関わる大脳辺縁系という部分には、視覚・聴覚などの五感の中でも、香り(嗅覚)だけが直接届き自律神経のバランスをとってくれるのだそうです。

なぜアロマでひきしめなのか?
自律神経のバランスがとれ、代謝がアップするため痩せやすくなるということなのですね。


前回の講座で話題になった、香りで記憶がよみがえるということも、記憶に関係がある海馬もその大脳辺縁系にあるため、直接そこに働きかける香りが記憶を呼び起こすということでした。

講座で作ったボディひきしめオイルは、もちろん直接気になる部分に塗ってマッサージをしますが、お塩に混ぜてモミモミマッサージするのもいいようです。

参加者のみなさん、モミモミするのかな~(笑)

私はやってみるぞ!


今回初めて参加された方が、「自分でこんなに簡単に作れるんですね~」と驚かれていました。

そうなんですよ~(^o^)


みなさんがやさしく生活に取り入れ、心地よい毎日を過ごせますように053.gif



次回6月の講座は14日(木)です♪

「お肌つるつるパック作り」です。

香りも使い心地も抜群のパックを作ります。

お好きな香りでリラックスしながらくすみがちな夏のお肌を白く明るくしましょう。

たくさんのご参加をお待ちしております♪
by egaonotane | 2012-05-18 22:52 | アロマ

特たね 初めの一歩

c0208099_0532186.jpg


初の試みである本日の特たねは、いつもの菊地さんご紹介、県議会議員の大渕 健さんが、私たちの話を真剣に聴いて下さいました。

先日も話題になりました、「発達障害は親の愛情不足」という大阪の家庭教育支援条例案⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120507-00000002-san-soci
にしても市議の方々が、発達障がいとうものをよく知らないということに端を発しているわけで、関連する団体からは抗議が殺到したようです。


この場合知らないで条例案はないだろうと思いますが、確かにこの騒ぎが表すように、発達障害者支援法が施行されたとはいえ、まだまだ世の中一般では認知されていないという現実がわかります。

身近なところではママ友だって、自分の周囲に現実として存在しなければ興味もなく他人事であるし、それは当然なことであり仕方のないことだと、私は思います。

私だって身近にないことはわからないし、興味を持てません。

理解して欲しいなら、対立から始めるのではなく、まずは相手を理解し、どうしたらみなが幸せに共存していけるかを一緒に考えていく必要があると思います。

そのために、私たちが今できることは伝えていくということではないかと思います。



笑顔のたねを始めてから、わかったことは、参加されている方の不登校・引きこもりのお子さんたちが発達障がいであるというケースが意外に多いということでした。

注目すべき点であると思っています。

そうでないケースももちろんありますし、不登校・引きこもりに関して、私たちが、情報提供できることはお伝えしていけたらいいなと思います。

子どもたちと共に苦しんで、普通ではあまり経験のできないことを経験している私たちだからこそ、話せることがあります。




今日お話を聴いて下さった大渕さんにしても、菊地さんにしても、知らないから勉強していきたいという姿勢がとても伝わってきました。

そしてお二人の立場からの世の中へのアプローチへと繋げて頂けたらと思います。

私たちにとってもとてもありがたいご縁だと思いました。


今後も継続していけたらと思います。


初めの一歩から。



みなさんありがとうございました。
by egaonotane | 2012-05-17 00:52 | 笑顔のたねまき

可愛い○○○

何かいるよ?
c0208099_2049115.jpg


c0208099_20494555.jpg


宇宙人がいっぱい038.gif
c0208099_20501575.jpg



写真はマンション前の植え込みにある木です。

冬場も葉が落ちず、春先になって新しい赤色の葉に入れ代わり、花なのか実なのかわからないけど、可愛いつぶつぶのものができました。

近づいてじーっと見てみたら、宇宙人がいっぱい(゜ロ゜)

とっても可愛い宇宙人でした。

わーもう私には宇宙人にしか見えないよ~



夫のことがきっかけとなり、ここのところネガティブ思考で頭がぐるぐるでした。

忘れかけていた人の理不尽さや勝手さや、いろんな思いが出てきました。



何年か前、あるお店の方のびっくりするような言動に、手が震えるほど頭にきて、その日以来そのお店の前を通る度に、黒い気持ちで通り過ぎていました(笑)

最近になって、このお店が存在し、その方がアロマ講座を開講してくれたお陰で、私はアロマの先生に出逢うことができ、先生と協力して毎月福祉会館で、アロマ講座を開催させて頂くことができるようになったという事実、原点を考えるようになりました。

新しく出逢った方、たねにも参加してくれている方、毎回楽しみに来てくれる友人たち…

そして講座から先生個人のアロマ講座に参加する方もあり、たくさんのご縁が繋がっているのですね。

今まで黒い気持ちで通り過ぎていたのですが、ありがとうと心の中で言うことにしました。

今日もありがとうと言ってきました。


そうしたら不思議ですね。

この数日間ぐるぐるしていた人や物事にも、私はありがとうの気持ちを忘れていたんだなと気付きました。

人の理不尽さも勝手さも私自身でした。

その時々では、ひどいなーと思ったことも、全て自分の経験になっています。

私によく思われない役を引き受けて、成長させてくれていると思えば、ありがとうなのです。

何だかすーっとこの数日のもやもやか消えていきました。

黒い気持ちのまま物事を考えれば考えるほど、どつぼにはまります(笑)

なかなか抜け出ることができなくなります。

(危ないところでした018.gif)


でもありがとうの気持ちはさらにありがとうの気持ちを呼びます。

そんなことを実感しました。


喉元過ぎればの言葉通り、いつまた同じネガティブワールドに迷いこむかわかりませんが、「今」は少し成長したよって言えるような気がします(^_^)v


もしかしたらたくさん存在しているタイムラインの中から、選択することができるのは自分自身です。
by egaonotane | 2012-05-14 22:11 | つぶやき

伝える

c0208099_0403048.jpg


毎日寒いですね。

朝晩こたつに入ってます。

11日は夫の誕生日でした。

まぁ気づいたのはその日の午後ですが…

最近帰りが遅いと手抜き料理が多く、誕生日くらい少し手間隙かけようと、その日も遅く帰ったものの、時間との勝負の中(息子との兼ね合いもある)、いつもより手作りのもので品数も多くし夕食を用意しました。

そんな苦労や人の気持ちなどわからず、帰ってきて何やら片付けをし、冷めてしまった料理を前に、携帯をずっと見ていた夫。

いただきます、ごちそうさまの言葉があるわけでもなく。

いつもなら文句のひとつも言うのだけど、もうそんな気持ちもなくなってしまいました。

どうでもいいよって感じ。

勝手にしてくれ。

たねでもだんなさんへの不満の話しはよく話題にのぼります。

ちょっとしたボタンの掛け違いが、積もり積もっていくものです。


まだ怒りを感じるうちはいいけれど、どうでもよくなったらご注意を(笑)



ところで

先日告知させていただきました今月16日開催予定の「特たね」の補足です。

今回の開催は、「訴えていこう」というものではなく、世の中の理解のために、たくさんの人に知ってもらうことが目的であり、あくまで「伝えていこう」というものです。

現状を話すことを通して、協力してもいいよ012.gifとういう方の参加をお待ちしております(^o^)/


私たちが、いろいろな個性を持ち生き辛さを抱えた子どもの親となったことにも、きっと意味があり、後に続く子どもたちのためにも、世の中に伝えていくお役目があるように思います。
by egaonotane | 2012-05-13 01:28 | つぶやき