不登校・思春期の引きこもりのお子さんと毎日頑張るお母さんのためのHP「笑顔のたね」雑記です。HPも御覧下さい。


by egaonotane
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ありがとう

c0208099_23551020.jpg


実家から、荷物が届きました。

私の好きなみかんや、息子のお菓子、くろちゃんのおやつ、ほんだしにサランラップ。

鮭やたらこや、お正月用のハムや紅白蒲鉾まで。

そして息子へのお年玉(私も へへっ)

ありがたいなと心からしみじみと思う。


父母の年齢をよくよく考えると、私が祖父母をじいちゃん、ばぁばと呼んでいたように、おじいちゃん、おばあちゃんと世の中では認識される年齢なんだな…

実家にはもう2年も帰ってなくてね。


今年の後半は、病気にはならないと変な自信満々の私に乳癌の疑いがあって、初めて検査を受けたりと(結果は良性でした)、自分を見つめる時期でもありました。

(みなさん、定期健診はちゃんと受けましょうね~)


自分も誰も彼もが、有限の命であって、いつお別れの時がくるかはわからないのだから、本当にやりたいことをやらなきゃ。

まだまだ先だと思っていたかっこちゃんの講演会&上映会もあっという間に近づいてきて、それに連動してしまったのか(笑)、仕事も人件費削減のため激減してきて、精神的にも、体力的にもうまく準備を進められるいい塩梅(笑)

懐はかなり寒いけど、こういうことをしている方がやはり楽しい。

まだまだやってみたいことはあるわけで…


さっき紅白でMISIAがナビ砂漠(?)から中継で歌っていました。

空の青と砂漠の乾いた土の色と、MISIAの服やブレスレットの淡い水色がすごく綺麗で、MISIAの歌声、歌う姿に、何だかとっても感動でした。

すごい人だな。

2013年、さっきのMISIAみたいに、自分のやるべきことを、やりたいことを楽しんで生きたいと思います。



今年一年、たねのみなさんを始め、たくさんの方々にお世話になりました。

心からありがとう。


よいお年をお迎え下さいm(__)m


時間ぎりで間に合った!
by egaonotane | 2012-12-31 23:54 | つぶやき

ただ感じたもの

c0208099_0202954.jpg


今年は仕事を始めたことで、生活環境も人間関係も、今までとは一味違うものとなりました。


中でも、レジの研修先の年輩のチーフとの出逢いは色々な気付きを与えてくれました。

とても温厚なすばらしい方で、人を育てることができる人というのは、こういう方をいうのだと身を以て経験させて頂きました。


子育てでも通じることだと思いますのでシェアさせて頂きます。


私達は自分が簡単にできてしまうことだとか、すでに知っていること、自分にとっては当たり前のことに関して、人が聞いてきたり、できなければ、イライラしたり、理解できない事が多々あります。

自分ができることで「人ができないこと」にさえ、気付くことはありません。


そのことは、仕事をする上で初めてのことに出くわした時、前職のチーフ、前々職の店長が、そうであったことから気付きました。

研修先のチーフとは対称的でした。


できないこと、初めてのこと、わからない不安なことに出くわした時に、いかに安心して聞く(教えてもらう)ことができるかということは、思う以上に大事なことだと思います。


そんなことわからないのか、できないのか?

忙しいんだけど!

何度も同じこと聞くなよ!…等々。


そういった感情を読み取った時、聞きづらくなり、終いには、聞くと嫌な気持ちになるからやめた!となってしまうものです。

それでも聞かなければならない時は、ちょっとした勇気と我慢が必要です。



また出来ないことばかりに目がいって、全くその人の頑張りや、素晴らしさに目がいかない。

出てくる言葉は、出来ていないことへの注意ばかり。

やる気が萎える言葉ばかり。

だから人なんか育たない。

感情で怒ることと、必要なことを教え叱るのとでは、似て非てなるものなのだということも実感しました。


研修先のチーフは、それとは真逆の人を育てる方でした。

さらに自らの行動で見せてくれるので、子は親の背中を見て育つと言われるように、こんな人になりたいと幾度となく思いました。



私(=人生経験の浅い子ども)が、仕事という場で、上に立つ人達の観察をして感じたものは、子育てにおいても同じことが言えるのではないかと思いました。

経験という意味では、できないこと、わからないこと、知らないことがたくさんあるのが子どもです。

温かく耳を傾けてくれる、何でも安心して聞くことができる人の存在は、とても大切なのです。

子どもが、どんな年齢になろうと成長するための土台となるのです。


この数ヵ月、毎日息子と料理をしていると、私が当たり前にする作業でも、息子にとっては、初めての作業であったり、何でだろう?と思っていることがたくさんあるのだどいうことがわかります。

自分が疲れていると、正直面倒な時、場面がありますが、「初めてならわかなくて当然なのだ」ということを、常に念頭におきながら、一呼吸おいて一緒に作業しています。

相手の立場、視点から物事をみること。

反面教師ともなるでしょうが、感情で怒られて、育つことはないように思います(反感を持つだけ(>_<))


これも仕事を通して、良くも悪くも組織の中で上に立つ方々から学んだことです。


私は以前から、「理解することから」と考えてきましたが、一歩踏み込んで考えてみると、もちろん理解も必要なのですが、頭で理解したつもりになっているものは、時に自分の思考や、良心でさえ簡単に裏切るものなのだとわかりました。

自分が理屈抜きにただ感じた「気付き」というものが、物事を変える大事な一歩になるのだと思います。
by egaonotane | 2012-12-30 00:19 | つぶやき

笑顔のたねまき59

c0208099_21243813.jpg


本日のお楽しみ(出てくるまでわからない)デザートを注文したら、栗のアイスクリームと白い粉砂糖がかかったマドレーヌが出てきました。

マドレーヌか…と少しのありきたりさにちょっとがっかり。

ところが口に入れると、ほんわかと温かい。

あー幸せだなと思う。

朝、息子のことで嫌な気持ちで家を出たので、温かいマドレーヌで救われました。

よく考えれば、別に息子が悪いわけじゃない。

ただ息子の言動に振り回され、自分の予定通りに事が運ばないがため、イライラがつのるだけのこと。


バスに乗るという日常の何気ないことでさえ、出かけに息子と何かあると、乗り遅れそうになります。

これはほんの一例だけど、同じ境遇にある人でないと、わからないだろうな~。

こうすれば、ああすればと人は簡単に言うし、育て方の問題だとの含みもあったりするけど。



「独りでない」ということは「忍耐」を求められますね。

子育てに限ったことではないですけど。



昨日は今年最後の「笑顔のたね」でした。

初参加の方を含め、少人数でのまったりした会でした。

みなさんありがとうございました。



みなさんの話しを聞いていると、みなさん、「忍耐の人」だと思わずにはいられません(笑)。

今までよく頑張ってきたし、今現在も本当に頑張っています。


始まりは、みな「不登校」という子どもが学校に行くか行かないかということでしたが、私たちがゴールとするものは、(ゴールとは言えないかもしれませんが)、人、物事を良い悪いで判断するのではなく、ありのままを受け入れること、強いては、そこから自分自身を認め受け入れるところにあるのでないかと思います。


「ありのままを受け入れる」とよく言われるけれど、なかなか簡単にできることではないですよね。

子どもとバトルをすれば、そんな考えは、宇宙の彼方に吹っ飛んでいくわけで。


それもありと言うことで(笑)、自分を認め受け入れることが先なのか、全てをそういった眼差しで見ることができるようになることが先なのかは、今の私にはまだわかりませんが、いつかそんな日がくるのでしょうか。


次回は1月19日(土)の開催予定です♪
by egaonotane | 2012-12-23 21:21 | 笑顔のたねまき

片方では

アロマ講座も、今日で30回目。

私は主催とはいえ、当日の補助しかできないので、毎月講義内容を始め、その他もろもろの準備をされている先生は大変だろうと思います。

ありがとうございます。

道具などあれやこれやと揃えなくても、家にあるもので簡単に楽しめる。

精油でさえも、それぞれの精油には、感染症予防に、安眠に等々、100~400種類の成分が含まれているので、たくさん揃えなくても、含まれるいずれかの成分によって、精油ひとつあれば、アロマテラピーをどなたでも自宅で実践できるのだということを提案してくれる川上先生のアロマ講座は、講座中に言葉だけではイメージできないこともデモンストレーションを加え、とてもわかりやすい講義となっています。

教える人自身が愛するアロマであり、楽しんでいるアロマだから、知識や言葉だけではないものを、参加者の方々が感じて受け取ってくれているのだと思います。

みなさんありがとうございます。


結局のところ、伝えることのできる人と、それを受けとることのできる人が出会っていなければ、どちらか片方では成り立たないのだろうと思います。

アロマ講座と一言で片付けてしまうにはもったいない、より深いものが存在しているのだということを、主催としては自負しておりますので、まだ参加されていない方は、ぜひご参加くださいませ。


今日は免疫力アップ&感染症予防アロマをテーマに感染症対策スプレーと入浴剤を作りました。

手浴を体験
c0208099_2321152.jpg


c0208099_23213043.jpg


参加された方が、お家でなった柚子をみんなに持ってきてくれました。
c0208099_23222580.jpg

そんなあたたかな気持ちが嬉しい( 〃▽〃)






次回は1月24日(木)


【全身しっとりハンド&ボディクリーム作り】です♪

申し込み締め切りは1月21日(月)となっていますので、よろしくお願いします。


2月はお休みです♪
by egaonotane | 2012-12-13 23:19 | アロマ

笑顔のたねまき58

c0208099_2213537.jpg


今日はものすごい風でしたね。

風に押されて、走りたいわけじゃないのに走っちゃいました071.gif


昨日も雨降りの寒い中、笑顔のたねに参加してくださいましたみなさま、ありがとうございました。


前半は、思春期の女の子と一生懸命娘に関わろうとするお父さんのけなげな行動のお話に、かつての自分と父のことを思い出しながら、ほのぼの笑わせてもらいました。

こういったことは、昔も今も変わらないのですね~

お父さん頑張れー!





不登校、引きこもりは、その状況は似ているようで多様です。

だからこそ、それぞれの引き出しにある経験や学んだことを、みなで分かちあえる場なのだな~と感じました。


みなさん、悩みながらも子どもたちから日々学んでいるのですね。


この寒い冬、みなで乗りきっていきましょう。


お子さんが受験を控えた方もいらっしゃいます。


頑張り過ぎず、いい加減でありますように010.gif




次回は12月22日(土)

福祉会館407会議室でお待ちしております♪
by egaonotane | 2012-12-06 21:58 | 笑顔のたねまき