不登校・思春期の引きこもりのお子さんと毎日頑張るお母さんのためのHP「笑顔のたね」雑記です。HPも御覧下さい。


by egaonotane
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

笑顔のたねまき64

c0208099_22524155.jpg


今朝仕事に出かける準備をしながら、もしお店に外人さんが来たら、いつものご案内を何て言ったらいいんだろう?とふと思い、何となく頭の中でシュミレーション。

どうせ今までも来たことないし、途中で考えるのが面倒になり、「笑顔で日本語で貫くぞ」と都合のいい決意をして職場へ。


そんなこともすっかり忘れていた頃、お店に男性の外人さんが入ってきました(゜ロ゜)


しばらくして女性の方も。


今まで一度たりとも外人のお客さまは来られたことなかったので、びっくりでした。


もちろん、笑顔で日本語決意は貫きましたよ。

っていうか、日本語OKの方々だったから(笑)

なんかいつもどうでもいい予感は当たるのよね…(((^_^;)


また前置き長くなりました。



先日の「笑顔のたね」にご参加のみなさま、ありがとうございました。

朝少しの時間のうちに、あっという間に道路も真っ白になるくらいの雪降りでしたので、「さすがに今日は誰も来ないかも。寝てようかな♪」なんて思って変なウキウキ感でいましたら、みなさんお集まりいただきまして、本当にありがたいことだと思いました。


今回は、ある方のお話が、私自身の内面のことと重なり、そうなんだよね…でもできないんだよね…と感じるところでありました。


夫婦でも親子間でも、何か自分の思いを素直に伝えることができなくなるには、たった一度きりの出来事や感情の揺さぶりだけではなくて、たくさんの出来事を通して、気づいた時には幾重にもなる蓋が心に被さってしまっているように思います。

そうなったら、心は頑な。

自分を見ていても、息子の言動からもよく感じることです。


頑なだけれど、その反面その蓋は自分だけが開けることができるのです。



家族間で何か起こったとすると、只中にいる者は苦しいです。

家族みなそれぞれが苦しいのです。

ひとつ言えることは、苦しみはただの苦しみに非ずということです。


苦しみがあるから、考える。

昨日も息子と久しぶりにバトルがあり、あまりの怒りに手が震えました。

まさに只中だから、何でいつまでもこんなに苦しいんだと思いました。


何がいけないんだぁーと叫びたくなりました。


時間を置いて息子の言い分を冷静に受け止めてみると、自分の思い込みの強さや、受け取り方のくせ、互いの思いのボタンの掛け違いというものが、はっきりと見えてきました。

息子の良さも見えてきました。


全て、あ~そうか!という気づきなのです。


今までは理解することが第一と考えてきたのですが、私が最近思うのは、何かを変えることができるのは、理解以上に気づきです。

理解は頭でするもの、気づきは心、もしくはそれ以上のところでされているものなのではないかなと思います。


苦しみの中には、変容好転のチャンスという本当は素晴らしいお宝がたくさん隠れているのよね。


一つひとつ蓋を開けていって、キラキラのお宝を見つけていったら、何て心豊かになるのでしょう♪な~んて夢想してみます。


現実というやつは(夫や息子か)、そう簡単にはいかないのだけどね(/--)/



次回のたねは、3月6日(水) 福祉会館 401会議室です。


お待ちしております♪
by egaonotane | 2013-02-23 22:51 | 笑顔のたねまき

おくろちゃん

c0208099_15395395.jpg


お久しぶりでございます。


このしばらくは、かっこちゃんの講演会のことやら、おくろちゃんの手術・入院やらで、たねのご報告もせずご無沙汰しておりましたm(__)m


おくろちゃんは、乳腺腫瘍で(悪性ではなさそうです)、先週手術でした。

先週土曜には退院予定でしたが、不都合が起きて、今日ようやく退院です。

これからお迎に行ってきます。

(只今仕事が終わり一休み)


先週の退院予定の日は、「早く連れて帰ってくれ」と言わんばかりに、犬語の文句とでもいいましょうか、本気で私の顔を見つめながら、明らかに文句を言って怒っていました。
( ̄▽ ̄;)




おくろちゃんの入院は5日ほど。


直に帰ってくるとわかっているから、くろちゃんが部屋にいないのに、「さ~て、くろちゃん」「くろくろ♪」と口からつい出でしまう言葉たちも、さほど空虚感はありませんでしたが、本当にくろちゃんがいなくなったら、私はどうなるんだろう?(T_T)


ペットロス、くろちゃんロスという悲しみは私にとって大打撃になること間違いなし。


息子も「くろはいつ帰ってくるんだ」と度々聞いてきました。


夫も心配していました。



一見バラバラ家族ですが、くろちゃんが私たちを繋いでくれているのが、わかります。


大きな存在なんだと、あらためて感じた今回の出来事でした。


明日は「笑顔のたね」です。

会場は久しぶりのクロスパルですよ。


あ~25年度の更新手続きをしなくては~
書類をつくらなくては~(T_T)




またあらためてお知らせしますが、予定していました3月16日のたねは、お休みに変更させて頂きます。



では明日お待ちしております♪
by egaonotane | 2013-02-19 15:39 | 日々の出来事