不登校・思春期の引きこもりのお子さんと毎日頑張るお母さんのためのHP「笑顔のたね」雑記です。HPも御覧下さい。


by egaonotane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2015年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

笑顔のたねまき105

c0208099_031526.jpg


昨日のたねは少人数で、ランチをしながらおしゃべりをしているような会でしたね。

たねがあって良かったとみなさん言ってくれるけど、いちばん救われているのは私自身なんだなぁと、しみじみと思いましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

みなさんいつもありがとう!

c0208099_031622.jpg


次回のたねは5月9日(土)です♪

お待ちしております(o^^o)



今思い出した!

入り口ホワイトボードに書いた文字、「笑顔のたね」を消し忘れた〜

会館警備の方が消してくれたことでしょー
あ〜あ〜(。-_-。)

今頃思い出すって…
by egaonotane | 2015-04-23 00:26 | 笑顔のたねまき

笑顔のたねまき104

満開だった桜の花も
c0208099_1742135.jpg

あっという間に散り始めました
c0208099_174223.jpg

でも散り始めの桜が見せてくれるものも、私は結構好きです
c0208099_1742355.jpg





美容室のようなお店のレジで店員さんとやり取りしていると、小学生の女の子がノースリーブから出ている私の肩に、何度注意をしてもマジックでいたずら書きをしようとするので、「お姉さんに触らないで!!」と切れながら言いました。

「お姉さん」と言った瞬間、自分でも「お姉さん?」とある種の疑問符が頭の中で飛び交いました。ちょっと恥ずかしい…

するとすぐ側にいた若い男性2人組に「「おばさん」じゃん」って捨て台詞を吐かれ、更に私はブチ切れたのでした。


夢ですよ、夢 (笑)

先日のたねで聞いた話。そして昨日2歳児の面倒を見ながら「おばちゃん」ではなく「めぐちゃん」と自分で自分を呼んでいたので、本当は違和感を感じている自分がいたのかもですね(笑)

自分の意識に上がっていないことを夢で認識したり、昔出会って名前ももう忘れていた人が突然出てきて名前を思い出したり、そんなことが最近よくあります。

夢って本当に面白いな。




そう言えば今頃になりますが、先日のたねではみなさんありがとうございました。

初参加の方もいて、それぞれからお子さんの素敵なお話を聴かせていただきました。


そして思ったのは、今更ながらですが、みなさん子どものこと、家のこと、家族のこと、仕事のこと、いろいろひとりで抱えて毎日頑張っているのだなということです。

もちろん私もですがね(。-_-。)

私は自分で手抜きを沢山したり(自称手抜き名人)、自分だけの時間を無理にでも作ったりすることでバランスを保っていますが、みんなそれができる状況でなかったりするわけで、もっともっと自分を大事に優先して考えてもいいのではないかと思いました。

閉じ込めている思いは身体の不調として出てくるようですから。
私も手抜き名人のくせに、もうずっとストレスが皮膚に出ているので、きちんと全てをこなそうと頑張ってしまっているなら、もっとゆるゆるでいいのではと思います。


私も息子が学校に行っていた頃は、時間で動く、やることはきちんとやるというきっちり人間でした。
でも今はそうしようとする方が凄いストレスでして…
なので仕事の日はすごいストレス日です(。-_-。)
ゆるゆるすぎると別の面でストレスが溜まるという、これも考えものですね(笑)

何事も中庸ということでね。
これを自覚することが人間にとって一番難しいことなのかもしれないですね。

本来はすでにそこにいるのに、上を見過ぎたり、下を見過ぎたり。
見過ぎているのは自分自身。

すでにいる場所を、いる自分を幸せと感じることができるような自分になりたいなと思うのでした。

何が言いたいのかわからなくなってきたのでこの辺で~


次回の「笑顔のたね」は22日(水) 410です♪
お待ちしております。

普段話せない自分の気持ちを出していきましょう!
by egaonotane | 2015-04-15 17:30 | 笑顔のたねまき

ツボにはまる

例えば…

山手線に乗車中

友人「めぐちゃん、ナウいね〜ナウいよ〜」と平成も随分経った頃に連呼された時。

友人のことは好きだけど、穴があったら入りたかった。
もしくはお口を塞いでしまいたかった。

そんな昭和の死語と言われる言葉たち。

以前夫が「今日はピーカンだ」と言った。
そのこと友人に話して2人で大笑いをした。

当時はよく聞いていた言葉たちもいつの間にか記憶の片隅に追いやられていて、久しぶりに聞くとかえって新鮮な衝撃を受けるのは私だけでしょうか(笑)

LINEのスタンプに昭和の死語というのがあったので見ていたら
「おじん」というのがあった。
おじいちゃんのようなおじさんキャラと共に。

確か私も使っていたな。
久々にツボにはまってしまったの。

そう言えば「おばん/ オバン」もあったよね(笑)


懐かしくも愛すべき言葉たちだなと思うのでした。


注 : 私のツボは人と違う時が往々にしてあるので、おじんが全く面白くなかった方ごめんなさい。∧( 'Θ' )∧

c0208099_16193466.jpg

by egaonotane | 2015-04-06 16:04 | 日々の出来事
まだ腱鞘炎も完治しないまま、一昨日辺りから今度は腰が痛くてかなり不自由にしています。
自分を大事にしていないとツケがまわってきますヽ(´o`;

みなさんも無理をしないようにね!

桜も咲き始めましたね♪
やすらぎ堤は満開にはもう少しといった感じですが、近所のお寿司屋さんの桜は見事に満開です!
c0208099_14495759.jpg
薄いピンク色がかわいい。
今日は暗い曇り空が少し残念!

昨日の夜出先で大きな木を見上げたら、少し前には何もなかった枝が芽吹いていました。
c0208099_14520109.jpg
あちらこちらで冬の間隠れていた「色」が溢れ出す。
春っていいな〜
c0208099_15010452.jpg

ところで
大学の時のお友達が取材統括しているという番組のご紹介です。
連絡をいただいたのでぜひみなさんも興味があればご覧くださいませ(^_^)☆

お友達メールより

熊本市内に8年前に設置された「こうのとりのゆりかご」、通称「赤ちゃんポスト」について取材していて、7日の夜7時半からのクローズアップ現代という番組で放送します(NHK総合)

赤ちゃんポストに、これまでに託された子供は、ついに100人を超え、子供たちへの支援体制に大きな課題があることが浮き彫りになってきています。
取材班は、保護された子供たちの今を取材。日本が抱える「限界」を問います。


私も明日は絶対忘れないように見ます!!

廣澤は絶対忘れていると思った方は、逆お知らせメール下さい(笑)






by egaonotane | 2015-04-06 14:48

目を向けよう

気分を入れ替えて。

日に日に春の気配を感じウキウキ。
c0208099_17252081.jpg

c0208099_17252182.jpg



今日はお天気が良いので、くろちゃんとのお散歩も気持ちが良くて楽しかったな。

くろちゃんも13歳。

くろちゃんと過ごせる時間を最近はよく考えてしまう。

今までもお別れの日があることを考えると涙が出てきてしまっていたけど、時間が迫れば迫るほど現実感が増してきてしまいすでに想像ペットロス状態。

あと何回桜の季節を一緒に過ごせるのか。

あと何回私の足元で寝ているくろちゃんとおやすみのチューをして朝の挨拶ができるのか。

くろちゃんと過ごせる残された時間。

「お母さんを置いていかないで」などとくろちゃんに言っていたりする。

気分を入れ替えるつもりが悲しくなってきてしまった…(。-_-。)



ペットにしても、子どもにしても自分の所有物ではないのだから…
自分の悲しみを負わせてはいけないのだな。

「お母さんを置いて行かないで」って…

くろちゃんとのお別れが真近だと思いっきり宣告しているし。


息子とバトルをすれば嫌な気持ちになり、眉間のシワがさらに深く刻まれていく(笑)

そんな時にはきっと親が言う常套句が飛び出している。
いい加減にしろ。
勝手にしろ。
どうしようもないね。


子どもに自分の不安を負わせる言葉は、子どものことを思っての言葉ではなく自分の勝手な思い。
くろちゃんに私がしている宣告のようなもの。

その時の悲しみや怒りといった一時的な気持ちではなく、幸せな気持ちや、そういった感情を味わう時間を与えてくれたこと、経験をさせてくれたことにありがとうの気持ちで目を向けよう。
by egaonotane | 2015-04-02 17:18 | つぶやき

仕事における理解って

少しづつ新しい仕事に馴れてはきましたが、まだキツイ毎日です(。-_-。)

馴れている職種だといえ勝手がかなり違い大変でした。(甘く見ていた)


職場には多分ですが発達障がいの方がいます。

行動や仕事でのコミュニケーションを見ていると、というか初めてご一緒した時点でそうであろうと感じました。(そういった判断を素人がするのは適切ではないかもしれませんが)

スペクトラムの幅広いゾーンに入るということだとは思うので、本人も不都合は感じてきたでしょうが、それも個性として生活できてきたのではないかと思います。

でもひとたび「仕事」という環境に置かれた場合、古くからプロ意識を持っている仕事のできる人たちは、そんなことは全く知らないのだから理解もゼロ。

仕事のできないやつと見下されてやっかい者扱い。

本人のいないところでは酷い言われ方をしています。

それを私は新人として聞いています。
非常に辛いし悲しい。
胸が苦しいです。

本人に注意だけしていけばいいのに、学生さんや私のような新人の前でその人をバカにした会話(仕事に関して)を古くからいる人たちでしています。

それを煽動してしまう人がいるのだけど。

このような環境になった場合は非常に不幸ですね。

初めて目の当たりにすると、どれだけ個性を否定され生き辛くなる現実があるのかと実感しています。

スピードや客観力、判断力が求められるので、できる人たちからすればイライラするのは当然でもあり仕方のないことなのだと、こちらの側面も理解はできます。
(発達障がい=仕事ができない人と決めつけているのではないのでご理解ください)

でもみんなが優しくない…

理解がないということから、こんなにも世の中には優しくない現実がいっぱいなのだと毎日モヤモヤ過ごしています。
(こんなつぶやきありました)

割り切ってお金のために仕事をするのか、人をバカにして悪口を言う人たち(理解のなさから)と我慢をして仕事をするのか…
この1ヶ月仕事を頑張って覚えてきただけに複雑です。

今までの経緯も知らないので、素人判断で決めつけて皆に理解を求めることは、人としてできないし。
新人ならなおさら権限はないし。

その人は誰よりも気遣いがあり、私に丁寧に指示をしてくれるので、その点を褒めて伝えてみたけど、しーん。

あれっヽ(;▽;)ノ

却下されました。

私も頑張って早く仕事ができる人になり、みなに理解を求めて意見できる人になるしか道はないのでしょうか。(お悩み相談室)
c0208099_16135996.jpg

by egaonotane | 2015-04-02 16:04 | 不登校/引きこもり